キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所がアクティビティ型アウトドアイベント 「ACO CHiLL CAMP 2018 powered by KIRIN/富士山麓」に特別協賛

キリン株式会社 2018年01月22日

From Digital PR Platform


  (リンク »)


キリンビール株式会社(社長 布施孝之)のグループ会社であるキリンディスティラリー株式会社(社長 梶尾伸明)は、2018年5月19日(土)・20日(日)の2日間にわたり、静岡県御殿場市「富士山樹空の森」※でACO CHiLL CAMP実行委員会が主催するアクティビティ型アウトドアイベント「ACO CHiLL CAMP(アコチルキャンプ) 2018 powered by KIRIN/富士山麓」に特別協賛します。
当イベントでは、「富士山麓BAR」を設置し、富士の伏流水でつくられた「キリンウイスキー 富士山麓 樽熟原酒50°」を楽しんでいただくほか、富士山麓の自然を楽しむことができる催しを実施します。
※イベントの詳しい情報については、オフィシャルサイト<リンク ») を参照ください" target="_blank"> (リンク ») を参照ください。

「ACO CHiLL CAMP 2018 powered by KIRIN/富士山麓」は、自然に触れることで、自然と共に生きることを感じ、考えるきっかけとなることを願って企画された、キャンプとともに音楽とアウトドアを楽しめるイベントです。有名アーティストやお笑い芸人などさまざまな分野のプロによる演奏などを実施するほか、親子で遊べるワークショップやレクリエーションも多数用意します。富士山麓の自然の中、遊びと癒しを同時に楽しむことができ、快晴時には、会場から富士山の絶景を眺めることもできます。

キリンディスティラリー社は「ACO CHiLL CAMP」のコンセプトに賛同し、森と水の恵みの大切さを、世代を超えてお伝えするために、当イベントに2015年以降毎年特別協賛しています。


■「キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所」概要
1973年の操業開始以来、富士山麓の環境保全に取り組むとともに、清らかな伏流水や冷涼な気候、適度な湿度など、恵まれた環境を生かして、上質なウイスキーを製造しています。

■「キリンウイスキー 富士山麓 樽熟原酒50°」概要
●中味について
 澄んだ味わいの中に広がる、甘い樽熟香が特長です。ウイスキーのうまみ成分を閉じ込める「ノンチルフィルタード製法」を新たに採用し、樽熟原酒のうまみを生かすことで、さらに香り豊かで深い味わいに仕上げました。
●パッケージについて
 ボトル本体には「FUJI GOTEMBA DISTILLERY」のエンボスを施し、ウイスキーとしての
本格感を表現しました。ラベルには雄大な富士山を背景に、商品名の「富士山麓」を堂々と配したことで、富士の麓でつくられた上質さと奥深い味わいを表現したデザインです。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]