出版社の代表が教える「文章教室」 銀座にて開校

丸高産業株式会社 2018年01月22日

From 共同通信PRワイヤー

2018年1月22日

丸高産業株式会社

出版社の代表が教える「文章教室」 銀座にて開校

ビル賃貸業を運営する丸高産業株式会社(東京都中央区銀座、代表取締役社長:檜木 泰男)は、2018年1月末日より株式会社センジュ出版(東京都足立区千住)代表取締役 吉満明子氏を講師に迎え、自社保有の丸高ビル(中央区銀座6-16-12)にて文章教室「文章てらこや 銀座編」を開始致します。

この教室は、文章で日本語を上手に伝えたい人、本を作りたい人、編集者になりたい人などを対象に、毎月1回、文章の書き方についての講義や文章の添削を行うものです。
「文章てらこや。」は吉満氏が北千住の自社内ブックカフェ「book cafe SENJU PLACE」で始めた文章教室。今回スタートするのはその銀座編となります。
講義の時間を長く取り、二部構成(一部:講義、二部:実習)とすることで、講義のみ受講することができるのが銀座編の特徴です。書くことに対して不安な方も、まずは気軽に講義にご参加いただき、次回より実習を受講することも可能です。

丸高産業は2016年12月から和菓子作り体験を開始致しました。
和菓子作り体験を通じて海外のお客様だけでなく日本人の多くが日本文化に興味を持っていることに気が付きました。
日本文化の良さを再発見される方が多く、それを伝えるための日本語への興味・関心も高まっていると感じました。東京の中心地銀座から日本語の大切さを発信したいと思い、文章教室の開催を決めました。
センジュ出版では、創業以来「本を出したい」「原稿を見てほしい」といった様々な相談を受け、原稿の添削や本の出版を行ってまいりました。
そういった中から生まれた「文章てらこや。」を、さらに多くの方にも体験していただきたいと思い、選んだ場所が古くから広告・出版社や新聞社が栄えてきた銀座でした。

講師が添削した言葉に置き換えるのではなく、アドバイスを基に自分にしか書けない言葉を見つけるための講座となります。
編集者・作家になりたい学生や企画書を上手く書きたいサラリーマン、自らの半生を本やブログを書きたい方など、伝わる文章を書きたい方をお待ちしております。

■ 「文章てらこや 銀座編」について
【特徴】
(1)人気出版社の代表で、元大手出版社の編集長が教える文章教室
(2)2部構成となっており、気軽に1部の講義のみの参加も可
(3)仕事の後でも通いやすい銀座
【施設概要】
・名称:丸高ビル5F
・住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-16-12
・開催日程 毎月1回水曜日 18:30 〜 20:30(事前予約制)
・料金: 1部(講義のみ)5,000円[税込] (1時間程度)
     1部・2部両方(講義・実習)15,000円[税込] (2時間程度)
    
詳細はこちらから: (リンク »)
【予約申し込み方法】
ホームページからご連絡ください。

■会社概要 (丸高産業)
(1)商号:丸高産業株式会社(英語表記)marutaka industrial Co.,Ltd
(2)代表者:檜木 泰男
(3)設立年月日:1968年4月12日
(4)主な事業内容:不動産業、ビル賃貸業、レンタルオフィス事業、貸会議室事業
(5)所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目16-12 丸高ビル
(6)URL: (リンク »)
■会社概要(センジュ出版)
(1)商号:株式会社センジュ出版(英語表記)senju publishing Co.,Ltd
(2)代表者:吉満 明子
(3)設立年月日:2015年9月1日
(4)主な事業内容:書籍等の編集、企画、制作及び出版、販売
(5)所在地:東京都足立区千住3-16
(6)URL: (リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先
担当:丸高産業株式会社 佐太木(さたき)、橋川(はしかわ)
TEL:03-3543-6511
FAX:03-3543-6535
E-mail:info@gincul.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。