MUSKトークンが7日で3億ユニット割り当て達成、19日Bigoneにオンライン掲載

MUSK 2018年01月23日

From 共同通信PRワイヤー

MUSKトークンが7日で3億ユニット割り当て達成、19日Bigoneにオンライン掲載

AsiaNet 71964 (0148)

【杭州(中国)2018年1月22日PR Newswire=共同通信JBN】MUSKエコシステム全体の貨幣単位であるMUSKトークンの早期優遇サービスは、7日間で3億ユニットを割り当て、2018年1月6日に目標を達成した。MUSKトークンは1月19日にBigoneプラットフォームにオンライン掲載され、1000万キャンディーが提示された。

MUSKトークンはMUSK Allianceの支援を受けた通貨で、媒体、連合、無私、栄誉という4条件を実現する努力の結果で誕生した。MUSK Allianceはブロックチェーンに基づくグローバルなデジタルメディア資産取引プラットフォーム、著作権追跡システム、インテリジェントな広告配信の分散化システムである。

ブロガーらメディアで独立して働く人々がその作品に簡単に著作権を付与できるシステムによってMUSKは、ブロックチェーンを通して高質メディアコンテンツを迅速に配信できる。ブログの忠実なフォロワーと独立ジャーナリストを結び付けることで、資金は取引プラットフォーム経由で調達し、ブログなど独自に作成したコンテンツを繁栄する独立メディアセクターの急速な発展につなげる管理と促進に投資、ユーザーと投資家がプラットフォームを生かして作品を利益につなげることを助ける。

MUSK Allianceは有力投資家から投資を受けている。

インターネットリーダーによる2017年8月のMUSK商品発表会見に参加したのは、ZigguratとInkChain両社のタン・リン創業者兼最高経営責任者(CEO)、ICOINFOのCEOでINBlockChain共同創業者のラオ・マオ氏、Yunphant Blockchainのファン・ブティン創業者らだった。

リー・シャオライ氏、シュー・マンツィ氏、フェン・タオ氏、ジン・ペン氏、およびマイ・タオ氏など影響力のある投資家もMUSKに投資し、プロジェクトコンサルタントを務めた。

MUSKは2017年7月にアジア太平洋地域での発展計画を発表した。MUSKのブロックチェーン資産取引プラットフォームは、香港のGoldford、インドネシアの中国人社会、ベネズエラ政府と提携関係を築いている。プラットフォームはアジア大陸や環アジア太平洋、南米の各国ブロックチェーン市場に足場を築く計画で、その後は他の地域へ進出する。

公式ウェブサイト:musk.vip

ソース:MUSK

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]