HTC VIVEと世界経済フォーラムがVR/AR for Impactイニシアチブの推進で提携

HTC VIVE 2018年01月23日

From 共同通信PRワイヤー

HTC VIVEと世界経済フォーラムがVR/AR for Impactイニシアチブの推進で提携

AsiaNet 71977 (0159)

【ダボス(スイス)2018年1月23日PR Newswire=共同通信JBN】
*世界でプラスの変化をもたらすために役立つことを目指した新しい「VR/AR for Impact」コンテンツが2018年世界経済フォーラムで紹介された

最高級のバーチャルリアリティー(VR)のリーダーであるHTC VIVE(TM)は23日、世界経済フォーラム(WEF)と提携し、VR/AR for Impactイニシアチブを推進するとともに、ダボスで開催されるWEF 2018で国連のSustainable Impact Hubで最新コンテンツを紹介すると発表した。

Logo - (リンク »)

2017年のWEFでHTCが初めて発表したVR/AR for Impactは、1000万ドル以上のプログラムで、国連の持続可能開発目標( (リンク ») )をサポートしてプラスの影響および変化をもたらすVR/ARコンテンツおよびテクノロジーを推進する。VR/ARリーダーの中核グループおよび国連と提携し、WEFは「VR/AR for Impact」イニシアチブを推進し、グループの中核メンバーであるHTC VIVEは今後も、人類を教育、支援するバーチャルリアリティーおよび拡張現実の利用を育成し擁護するこの協調的なコミットメントの一環として、体験を設計・開発していく。

HTCのシェール・ワン会長兼最高経営責任者(CEO)は「われわれの世界が今日直面する課題は最大のものであり、人類は世界的な課題の解決に役立つ明確な理解とガイダンスを必要としている。他のメディアと異なり、バーチャルリアリティーは文字通りあらゆる体験の中に世界のオーディエンスを引き込み、われわれが世界について学び、共感し、変革するために役立つ。VR/AR for Impactは、人類が直面する課題と解決に向けた重要な認識を深めるユニークな方法である」と語った。

世界経済フォーラムの電子産業プログラムのリーダーを務めるローレン・ジョセフ氏は「われわれはVR/ARには健康や教育などの分野で社会にプラスの結果をもたらす未開発の潜在的能力があると考えており、この分野のリーダーと協力し、今後このイニシアチブを強化していきたい」と語った。

今週のWEF 2018で紹介されたVR/AR for Impactは以下の通り。
*OrthoVRは、バーチャルリアリティーおよび3Dの迅速なプロトタイピング・ツールを使い、品質を落とすことなく臨床スタッフの能力を向上させることによって、低所得国で身体に適合する人工装具の利用を増やすことを目標にしている。VRは現在の義肢装士や整形器具士がデジタル環境で自らの実践的体現スキルを活用できるようする。

*The Extraordinary Honey Bee( (リンク ») )は、ミツバチの苦境についての理解を深め、世界規模のミツバチの死滅が人類にもたらす危機について学習するのに役立つことを目指している。ミツバチの観点から伝達するThe Extraordinary Honey BeeはVRを利用して、次世代のミツバチ保護者の間で変化が起きることを刺激する。

*Blank Canvas: Hacking Natureはバイオエンジニアリングの最先端を、この分野をリードする研究者が説明するエピソードを交えながら探求する。Blank Canvasは最先端の科学的可視化技術を使い、遺伝子治療など大きな飛躍を遂げるために活用されている細胞および分子構造をわかりやすく説明する。

*LIFE( (リンク ») )(Life-saving Instruction For Emergencies)は、オックスフォード大学が開発した新しいモバイルVRプラットフォームで、あらゆるタイプの医療従事者が医学的な緊急事態に対処することを可能にする。パーソナライズされたシミュレーション・トレーニングと高度な学習分析を通じて、LIFEプラットフォームは低所得国で救命ナレッジへのアクセスを大幅に拡大できる能力を提供する。

*Tree( (リンク ») )は、熱帯雨林の樹木に襲い掛かる悲劇の中に、見る人を引き込む高評価のバーチャルリアリティー体験である。この体験は、世界温暖化に大きく寄与する1因である森林破壊の痛ましい現実に光をあてる。

*アマゾンのヤワナワ族にとって、「薬」はこれまで行ったことのない場所に案内してくれる力を持つものである。ヤワナワ族初の女性シャーマンのフシュフさんは、薬のようなVRを使って、知ることの別の方法の入り口を開く。AWAVENA( (リンク ») )は、テクノロジーと超越体験を融合してビジョンを共有できる、コミュニティーとアーティストとのコラボレーションであり、絶滅の危機から現れた人が語る物語でもある。

これらは2018年1月23日にスイスのPromenade 72, Davos Platzで開催される国連のSustainable Impact Hubで世界経済フォーラムの参加者すべてが体験できる。AWAVENAはメインコングレスホール、ポータル展示で体験できる。

VR/AR for Impactに関する詳細はウェブサイト (リンク ») を参照。

▽HTC VIVEについて
HTC Viveは、部屋の規模のVRと実物そっくりのインタラクションのために構築され、最適化された前例のないPCベースの最高級バーチャルリアリティー・システムViveの開発企業である。Viveエコシステムはその最高級VR製品ポートフォリオを中心にして進化し、このエコシステムは80以上の新興企業に投資してきた最も活動的な世界的VR/ ARアクセラレーターVive X、60カ国以上で事業展開する世界初のVRサブスクリプション・モデルを備える世界規模のコンテンツ・プラットフォームViveport、ViveのVRコンテンツ開発およびパブリッシング・イニシアチブのVive Studiosによってサポートされている。Viveは画期的なテクノロジーとクラス最高のコンテンツによってVRの展望を開き、VRを消費者、開発者、企業に提供している。Viveに関する詳細はウェブサイトwww.vive.comを参照。

HTCおよびHTCロゴはHTC Corporationの商標である。このリリースで言及したその他の企業名および製品名はそれぞれの所有者の商標の可能性がある。

ソース:HTC VIVE

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]