無料のオンラインTOEFL(R)コースが1月24日開講

Educational Testing Services-TOEFL 2018年01月25日

From 共同通信PRワイヤー

無料のオンラインTOEFL(R)コースが1月24日開講

AsiaNet 72000 (0161)

【プリンストン(米ニュージャージー州)2018年1月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*新たな会話機能を加えたコースが継続的に利用可能

TOEFL(R)テストを作成するETSは25日、唯一の無料公式オンラインTOEFL準備コースを発表、学生の海外で学ぶという夢の追求を手助けする同社の約束を改めて確認した。ウェブサイト(www.edx.org)で利用できるこの6週間のコースは継続的なベースで提供されるため、参加者はいつでも参加でき、自分のペースでコンテンツ学習を進めることができる。

TOEFLテストは世界中の何百万もの人が外国の大学での学習、高度人材としての移住、就職、奨学金、ビザ取得、その他多くの夢を実現する手助けをしてきた。オーストラリア、カナダ、米国、英国を含む世界中の1万を超える大学、政府機関、組織、団体がTOEFLのスコアを受け入れている。そして調査に応じたTOEFLテスト受験者の90%が自分の第一志望あるいは第二志望の大学に入学している。

ETS TOEFLプログラムのエグゼクティブ・ディレクター、ジェニファー・ブラウン氏は「ETSは、すべての人が成功するために、学習コース、ツール、リソースを利用できるべきだと信じている」として次のように述べた。「この無料オンラインコースは参加者に英語のスキル向上、および世界で最も広範に尊重されている英語力評価であるTOEFLテストの詳細についての理解をより深めてもらうために企画されたものだ」

同コースの正式名称は「TOEFL Test Preparation: The Insider's Guide」で、いわば世界教室のような構成になっている。高度な双方向性を持ち、実際にTOEFLテストで勤務する講師と連絡を取ることが可能で、世界中の講師や学習者との間の会話が容易になっている。参加者は研究グループを作ることができ、英語学習や留学準備などについてそれぞれ持っている情報を共有することもできる。

同コースを通じて、参加者はTOEFLテストに向けた準備について知る必要のあるすべてのことを学ぶことができる。その中には英語のスキルのブラッシュアップ、テストの仕組みの検索、さらに試験当日に向けた準備などの情報が含まれる。

今回スピーキングのスキルを高める新たなアクティビティーがコースに加えられた。参加者は、コンピューターの「パーソン」と会話して、一般的な大学生が遭遇するいろいろなシナリオを練習することができる。例えば、喫茶店でコーヒーを注文したり、学生仲間と勉強会を立ち上げたり、就職コンサルタントと面談したりすることなどだ。

ウェブサイト(edX.org)上のTOEFLコースには200カ国以上から62万5000人を超える人が参加しており、同サイトの星5の格付けのうち4.5を獲得するなど高い格付けを得ている。入学はウェブサイト( (リンク ») )を参照。

ソース:Educational Testing Services-TOEFL

▽問い合わせ先
Jason Baran,
Phone: 1-609-683-2428,
Email: mediacontacts@ets.org


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]