北欧不動産ローンファンドの販売を開始

クラウドクレジット株式会社 2018年01月30日

From 共同通信PRワイヤー

2018/01/30

クラウドクレジット株式会社

世界の資金需給を繋ぐクラウドクレジット、北欧不動産ローンファンドの販売を開始

 この度、クラウドクレジット株式会社【本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉山 智行、以下「当社」】は、1月31日より「北欧不動産ローンファンド」の販売を開始いたします。

本ファンドはエストニア国内の複数の不動産ローンの貸付を実行するものです。通常の貸付と異なり、また、いわゆる不動産投資(現物保有やエクイティ投資)と異なり、貸付対象のキャッシュフローが元利金の返済原資となる性質を持っております。また、全ての貸付対象に抵当権が付されており、ローン自体が対象物件価値による信用補完を受けております。
エストニアにおける不動産に係る収益性と安定的な価値推移を、投資家の方々にローン(クレジット)投資という形でご提供いたします。

【画像: (リンク ») 】

【画像: (リンク ») 】
(エストニア共和国の首都タリンの街並み/パートナーであるEstateGuruチーム)

本ファンドは、当初投資家様から預かった出資金をクラウドクレジット・ファンディング合同会社からエストニアグループ会社であるCrowdcredit Estonia OÜに対し仮払金として支払います。
その資金をもとに当社エストニアグループ会社が、エストニア国内の不動産に関する投資又は不動産を有効活用した事業を行うために資金を必要としている法人に対して貸付を行います。資金需要者マーケティング、審査、元利金等の資金管理事務、回収は提携先の「EstateGuru」グループが実施します。対象となるローン貸付債権が確定したのちに、対象債権の返済条件に合わせた形でエストニアグループ会社に対するローン貸付契約を結び、対象債権からの回収金を返済原資といたします。

EstateGuru及び当社の共同プレスリリースもPDFより是非ご覧ください。


■海外特化のソーシャルレンディング『クラウドクレジット』について
ペルー、カメルーンなど発展途上国の資金需要者と日本の個人投資家を繋ぐ金融サービス「ソーシャルレンディング」の事業者として2013年1月に設立、2014年6月にサービス開始。世界のローンに分散投資ができるという新しい投資機会、また低金利下の日本において期待利回り約2.5%~12%の商品に共感をいただき累計出資金額58億円、ユーザー登録数14,000名以上(2018年1月22日時点)と、着実に成長を続けています。

【会社概要】
会社名:クラウドクレジット株式会社
URL: (リンク »)
代表者名:杉山智行
所在地:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル802
設立:2013年1月/資本金等:1,100,917千円

第二種金融商品取引業
関東財務局長(金商)第2809号
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 加入

※当プレスリリースはクラウドクレジットの事業に関する情報提供のみを目的とするものであり、特定のファンドへの投資の勧誘を意図するものではありません。






関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]