『nepia鼻セレブティシュ 華麗なる名馬シリーズ 第10弾』

王子ネピア株式会社 2018年01月31日

From Digital PR Platform


王子ネピア株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:清水 紀暁)は、保湿ティシュ『nepia 鼻セレブティシュ 華麗なる名馬シリーズ 第10弾』を2月初旬より順次、コンビニエンスストアの一部店舗にて数量限定で発売いたします。

『nepia鼻セレブティシュ』は、「ダブル保湿成分」と「天然由来スクワラン」(肌に本来含まれている皮脂の成分のひとつ)を配合したティシュです。2004年の発売以来、しっとりとしたやわらかな肌触りと、かわいらしい動物を使ったパッケージデザインで、多くのお客様からご愛顧をいただいております。

「nepia鼻セレブティシュ華麗なる名馬シリーズ」は、これまで15頭の名馬達をパッケージデザインに採用し、競馬ファンをはじめ、競馬を知らない方々にも大変好評をいただいております。
シリーズ第10弾となる今回の名馬は、一生記憶に残る走りで勝利をもぎ取った「ゴールドシップ」と、2007年有馬記念優勝馬「マツリダゴッホ」です。

(リンク »)   (リンク »)
     <ゴールドシップ>            <マツリダゴッホ>

<商品概要>
商品名:nepia鼻セレブティシュ 華麗なる名馬シリーズ 第10弾
規格: 400枚(200組)
希望小売価格:オープン
発売日:2018年2月初旬より順次発売
販売エリア:全国/コンビニエンスストア 鼻セレブティシュお取扱い一部店舗(数量限定)
商品特長:「ダブル保湿」に加え、うるおい成分「天然由来スクワラン」を配合し、
しっとりやわらかな鼻ざわり。
WEB: (リンク »)

「ゴールドシップ」&「マツリダゴッホ」について
No.016 黄金の戦艦 「ゴールドシップ」
ゲートに入れるか。スタートはどうか。最後方からいつ駆け上がるのか。2015年天皇賞(春)。観衆の期待と不安を、その美しい馬体に乗せ、レースは終盤へ。ここで末脚が火を噴く。圧倒的なスタミナを武器にロングスパートで勝利をもぎ取った。一瞬たりとも目が離せないその走りは、一生記憶に残る走りとなった。GI6勝は、芦毛で中央競馬最多である。

戦績28戦13勝 誕生日2009年3月6日 
父ステイゴールド 母ポイントフラッグ

(リンク »)
~2016年 ビッグレッドファームにて~

No.017 中山の神 「マツリダゴッホ」
器用さ。加速力。持久力。中山競馬場で勝つためには、すべてを兼ね備えなくてはならない。2007年有馬記念。中山最後の難関・日本一の急坂で、並みいる有力馬の群れから先頭へと躍り出る。「祭りだ!祭りだ!」実況が叫び、紙吹雪が舞い散るなか駆け抜けた。勝った重賞すべてが中山。希有な才能に恵まれ、まことに中山に愛された名馬である。

戦績27戦10勝 誕生日2003年3月15日 
父サンデーサイレンス 母ペイパーレイン

(リンク »)
~2016年 レックススタッドにて~

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]