「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ」開業以来2度目の大規模リニューアル/新規・改装103店舗が決定!3月20日(火)より順次オープン

三井不動産株式会社 2018年01月31日

From Digital PR Platform


三井不動産株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:菰田正信)は、「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ」(所在:川崎市幸区)の2012年以来2度目となる大規模リニューアルについて、2018年3月20日(火)より新規・改装103店舗を順次オープンすることを決定しました。リニューアルに際し、お子さまにやさしいスペースを新設する他、コミュニケーションロボットとスマートトイレシステムの実証実験を開始します。

近年、川崎市では年々人口が増加しており、それに伴い駅周辺の再開発が進んでいます。2018年2月17日(土)には、JR川崎駅の北口通路・北改札が新設・供用開始され、駅自体が大きく生まれ変わります。当社は、北口西バス乗り場及び北口通路(西側延伸部デッキ)のネーミングライツパートナー企業となるほか、北改札とラゾーナ川崎プラザをデッキで接続するなど、川崎市と連携しお客さまの利便性強化を図っていきます。

こうした駅周辺の大きな変化に合わせ、これまで以上にお客さまのニーズに応える施設を目指し、ラゾーナ川崎プラザは開業以来2度目の大規模リニューアルを実施します。


【リニューアルのポイント】
日本一のショッピングセンターを目指し“より快適で、くつろげる場所”へ
(1)神奈川県初出店など、103店舗が新規・改装オープン
(2)コミュニケーションロボット/スマートトイレシステムの実証実験を実施

(3)「Mitsui Shopping Park &mall(アンドモール)」コンセプトショップが期間限定で登場!!

(4)「ママwithラゾーナ」プロジェクト開始!お子さまにやさしいスペース2箇所と
   ベビー休憩室の新設

(5)館内ファニチャーの一新と従業員休憩所の拡充で、より過ごしやすく働きやすい施設へ 

(6)駅前広場「ルーファ広場」に人工芝を敷設し、集い・憩いの空間へ 

(リンク »)

本リニューアルにより、ラゾーナ川崎プラザは「経年優化」(時を更に経るにつれて成熟し、更に価値を高めていく)の思想のもと、日本一のショッピングセンターを目指して“より快適で、くつろげる場所”になります。今後もラゾーナ川崎プラザは進化し続けることで、街の発展に貢献してまいります。
更に、2018年秋にも1階食物販ゾーン 「グラン・フード」の全面リニューアルを予定しています。

リニューアルのポイント(1) 新規・改装103店舗が決定

本リニューアルでは、全店の約3割以上にあたる103店舗が新規・改装オープンいたします。新規オープン店舗の中には、神奈川県初出店やショッピングモール初出店など、注目の店舗が目白押しです。

■話題性の高いショップが期間限定で入れ替わる「LAZONA POPUP STORE」が新登場!
話題性の高いショップが期間限定で入れ替わる「LAZONA POPUP STORE」が新たに登場します。話題性の高いショップを誘致する事で常に流行の最先端をご提供するとともに、来場のたびに新しい店舗があることで、お客さまが何度足を運んでもご満足いただける施設を目指します。

(リンク »)
<アパレルショップのイメージ〉

リニューアルのポイント(2) より快適でより便利な施設を目指し、新サービスの実証実験実施
コミュニケーションロボット/スマートトイレシステム

ラゾーナ川崎プラザは、お客さまがより快適で便利に安心して館内をお過ごしいただくため、以下の2つの実証実験を実施します。

■コミュニケーションロボット実証実験  ※三井ショッピングパークにおける初取組
施設内の各所に新たなコミュニケーションロボットの「Sota™」を設置し、お客さまがロボットとコミュニケーションを取り合い、お客さまのニーズに合わせた情報をロボットが提供することで、施設内の回遊や購買行動にどのような影響を与えるかを検証します。
今回の取り組みでは、お客さまの性別・年齢を推定し、来館目的に応じておすすめの店舗等をご提案します。

(リンク »)
(リンク »)
※「Sota™」はヴイストン株式会社の登録商標です。

■スマートトイレ実証実験  ※三井ショッピングパークにおける初取組
施設内のトイレにおいて、各個室にドア開閉センサー、女性用トイレの待ち列にマットセンサーを設置し、トイレの使用状況を集約します。
クラウド上に集約された個室の利用状況とトイレ待ち人数データをトイレ付近の液晶画面に表示することで、お客さまの利便性向上への影響を実証実験します。個室利用状況と待ち列状況を同時にご案内するIOT技術を取り入れた取り組みは、国内商業施設初の取り組みとなります。また、リアルタイムで個室の利用状況が把握できるため、万一の場合の防災・防犯対策や施設管理(清掃、メンテナンス)の効率化等を図ることにも活用することができます。
本IOT技術の導入により、お客さまの利便性向上と施設業務の効率化を図ります。

(リンク »)
※スマートトイレ実証実験は、東芝デジタルソリューションズ株式会社と共同で実施いたします。


リニューアルのポイント(3) 「Mitsui Shopping Park &mall(アンドモール)」
コンセプトショップが期間限定で登場!!

2018年3月20日(火)のリニューアルオープンに合わせて、約3ヵ月間「Mitsui Shopping Park &mall(アンドモール)」のコンセプトショップを「LAZONA+(ラゾーナプラス)」に出店いたします。

■オムニチャネル・プラットフォームのさらなる拡大

店舗内では、「&mall(アンドモール)」にご登録いただいたお客さまに対し、ラウンジスペースを提供し、施設内でお買い物の途中に、「&mall(アンドモール)」内のおススメのアイテムや売れ筋アイテムをご覧いただき、商品をご購入いただくことが可能となります。

また、2018年3月より順次出店し、2018年5月には現在の約200ショップから約300ショップ(予定)まで拡大する「&mall(アンドモール)」の新店情報等、当社グループで運営する商業施設(※)でお買い物がより便利になるお得な情報を発信し、リアル店舗とECモールが相乗効果で売上を拡張できるオムニチャネル・プラットフォームのさらなる拡大を図ります。

Mitsui Shopping Park &mall(アンドモール)」とは…
「&mall(アンドモール)」は、『リアル店舗における欠品対策やEC サイトからリアル店舗への送客支援』および『店舗スタッフのモチベーション向上等によるリアル店舗活性化支援』を特徴とする三井ショッピングパーク公式通販サイトです。

≪事業概要≫
サービス名称: Mitsui Shopping Park &mall(アンドモール)
サイトU R L : (リンク »)

※ 「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ」、「三井ショッピングパーク ららぽーと」、「ダイバーシティ東京プラザ」、「三井アウトレットパーク」、「三井ショッピングパーク アーバン」

リニューアルのポイント(4) 「ママwithラゾーナ」プロジェクト開始!
お子さまにやさしいスペース2箇所とベビー休憩室を新設

「もっとママに優しい施設に」という想いから、今回のリニューアルを機に三井不動産のパパママ社員によるパパママ目線で施設開発に携わるプロジェクト「ママwithラゾーナ」を立ち上げました。プロジェクトの第1弾として、「Papatame!!(パパため)Mamatame!!(ママため)」をコンセプトに、パパママ視点の嬉しいポイントが詰まったお子さまにやさしいスペース5F「LAZOON TERRACE」「LAZOON PARK」を新設します。

“LAZOON”(ラズ―ン)は「LAZONA」と「ZOO=動物園」からなる造語です。ラゾーナ川崎プラザにご来館いただいたお客さまにわくわくしていただけるよう、たくさんの動物たちが遊びに来てくれました。ぜひお子さまと動物探しをしてみてください。
ラゾーナ川崎プラザではお子さまがお腹にいる時も、大きくなってからも、ママが楽しく安心して過ごせるよう“もっとママに優しいラゾーナへ。”をスローガンに「ママwithラゾーナ」の取り組みを進めてまいります。

■“子どもが楽しい、大人がうれしい” 屋外スペース「LAZOON TERRACE」

「LAZOON TERRACE」では、お子さまは遊びながらパパやママが休憩しつつ飲食できるよう、エリア内にイートインスペースを設置します。人工芝を敷き、お子さまが安全に走りまわれる環境をご用意。ツリーハウスをイメージしたスペースや動物が隠れている壁面アート、季節に合わせたイベントを実施するスペースなど、お子さまが楽しめる仕掛けが満載です。

■“子供の成長に応じた遊びを提案する”屋内スペース「LAZOON PARK」


同じ5Fの屋内に位置する「LAZOON PARK」は、お子さまの年齢幅に応じて3つのパークにゾーニングされています。常にパパとママの目の届くエリアに設けた、0~18ヶ月のお子さま対応の遊び場「ハイハイPARK」は、クッションに覆われた安心・安全のパークです。小学生まで対応の遊び場「ヨミヨミPARK」では、絵本の読み聞かせを通じて、パパママと子どものコミュニケーションが図れます。同じく小学生まで対応の遊び場「カキカキPARK」は、壁面に設置した大きな黒板に絵を描くなど、パパやママと一緒に遊ぶことができるパークとなっています。

■ママにうれしい!3Fにベビー休憩室を新設

多くのお客様にご利用いただけるよう、授乳ができるベビー休憩室を3Fアカチャンホンポ前に新設します。遠くからでもベビー休憩室を認識できるように壁面を明るくし、動物のシルエットを施しました。リラックスして授乳やオムツ替えができるよう、明るいクロスや木目柄を採用。授乳中の快適さ向上のために、使い勝手のよいベンチシートや小型扇風機なども完備します。

(リンク »)

リニューアルのポイント(5) 館内ファニチャーの一新と従業員休憩所の拡充で、
より過ごしやすく働きやすい施設へ

■「LAZONA FOREST」がコンセプト!各階ごとに自然要素をテーマにファニチャーを刷新

館内全体を森と見立て、フロアごとにテーマカラーを設定したファニチャーを配置し、館内を彩ります。1階は「大地」、2階は「花」、3階は「葉」、4階は「果実」、5階は「空」をイメージしています。

■従業員休憩所を拡充し、より働きやすい施設へ

高級感のあるオシャレな空間でリラックスできるよう従業員休憩所をリニューアル。壁面や床に木を使用したウッド調の雰囲気で、現状の席数に加え53席を拡充し、従業員がゆっくり休憩をとれる場所になりました。休憩所内には従業員専用のコンビニやパウダーコーナー、充電用コンセントなどを完備しています。
ラゾーナ川崎プラザでは、従業員同士の交流を図る懇親パーティーの開催やスキルアップのための充実した研修制度を設けています。また、従業員に館内100店舗以上で受けられる従業員割引特典やサービスを用意するなど、従業員の仕事もプライベートも充実できる環境を整え、より働きやすい施設を目指します。


リニューアルのポイント(6) 集い・憩いが生まれる新生「ルーファ広場」

「ルーファ広場」は、駅への広小路として近隣住民の方の生活導線となっていましたが、本リニューアルにより人工芝を敷設し、人々が集う空間に生まれ変わります。これまでにはなかった、座ったり、寝そべったりしてくつろげる人口芝ならではの新たなイベントをルーファ広場で実施し、エンターテインメントの聖地を目指すプロジェクト「LAZOVIVA」をより積極的に展開してまいります。
生まれ変わったルーファ広場初のイベントは、3月20日(火)から開催予定です。

川崎駅北口西バス乗り場及び北口通路(西側延伸部デッキ)のネーミングライツを獲得
この度、三井不動産は多くの方が利用する北口西バス乗り場及び北口通路(西側延伸部デッキ)の命名権を獲得し、その愛称をそれぞれ「川崎駅ラゾーナ広場」「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザデッキ」と決定いたしました。ラゾーナ川崎プラザに直結するデッキであることから、わかりやすく、親しみと賑わいを感じていただきたいという想いが込められております。
この愛称が北口西バス乗り場の認知度向上の一助となり、ラゾーナ川崎プラザへの親しみが高まることを願っています。





関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

三井不動産株式会社の関連情報

三井不動産株式会社

三井不動産株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]