トリナ・ソーラー 2017年グローバルPVモジュール総出荷量 9GW以上  累計系統連係 約2GWを達成

トリナ・ソーラー 2018年02月01日

From 共同通信PRワイヤー

トリナ・ソーラー 2017年グローバルPVモジュール総出荷量 9GW以上  累計系統連係 約2GWを達成

AsiaNet 72087

2018年1月31日

トリナ・ソーラー 2017年グローバルPVモジュール総出荷量 9GW以上
累計系統連係 約2GWを達成

【常州(中国)2018年1月31日PR Newswire】太陽光エネルギーのトータルソリューションを提供する世界トップ企業としてトリナ・ソーラー(Trina Solar)は、2017年の世界におけるPVモジュールの総出荷量が9.0から9.2ギガワット(GW)だったと発表しました。PV-Techが発表した「Top-10 Module Suppliers in 2017」ランキングの結果によれば、トリナ・ソーラーの昨年の太陽電池出荷量は前年に引き続き第2位、累積出荷量は32GWを超え、世界最大のモジュールメーカーとしてのトップの座を維持しました。

昨年第1-3四半期の出荷量はそれぞれ1.966GW、2.481GWおよび2.092GWで、第4四半期の出荷量も増加を続け、通年の出荷量は9GWを突破しました。

トリナ・ソーラーの太陽光発電(PV)製品およびサービスは世界の100を超す国・地域で流通しています。また、中国政府が提唱する「一帯一路」構想に応じ、当社は一帯一路地域の国々でも事業を拡大してきました。 2017年1月6日、ベトナムで1GWの太陽電池セル製造プロジェクトを開始したことで、トリナ・ソーラーはベトナム最大のPVメーカーになりました。 インドでは、トリナ・ソーラーは3GW以上のモジュールを供給し、市場シェアの25%以上を占めています。

トリナの太陽光発電プロジェクト事業部門は、中国、英国、米国およびその他の欧州およびアジア諸国における太陽光発電プロジェクトの設計、建設、運営および販売を行っています。トリナは、プロジェクトの選択、設計、資金調達、許認可手続き、エンジニアリング、調達、施工、設置、運用、オペレーションおよび保守管理を含む太陽光プロジェクト開発のライフサイクル全般に携わっています。 現在に至るまで、当社は世界において、約2GWの太陽光発電プロジェクトの系統連係を行いました。

2017年8月、トリナ・ソーラーは「TrinaHome(トリナホーム)」という初の住宅向けPVブランドを立ち上げ、瞬く間に中国市場でのトップブランドの地位を確立しました。当社は今後5年間で、トリナ住宅用PVシステムの設置サービスを100万世帯以上に供給することを目指す「One-Million Rooftop Plan」を実施する予定です。

2017年末までにトリナ・ソーラーの商業用プロジェクトは500%成長を遂げ、その事業は中国全土の20の省・市に及んでいます。今後3年間で、当社は、売上1000万以上の売り上げを達成することが可能な1000の事業パートナーの開拓を目指しています。

2017年、トリナ・ソーラーは創立20周年を迎えました。健全で安定した持続可能な開発を達成ししたばかりでなく、世界の「エネルギーIoT」リーダーとなることを目指す3.0の新戦略を発表しました。

(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。