第4回:システムの安定稼働を目指すには

総務部門で押さえておきたいネットワーク動向

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ 2018年02月03日

SCSK株式会社 ネットワークプロダクト部 販売促進課 は佐々木晶子のコラム「総務部門で押さえておきたいネットワーク動向」の第4回「システムの安定稼働を目指すには」を公開しました。

###
 今回はシステムの安定稼働を目指す方法について書いていきます。

■やって当たり前のシステム稼働

情報システムを担当された方は実感されていると思うのですが、今や情報システムは企業にとって、「なかなか目に見えなく、あって当たり前のもので、ないと困るもの」といった、生物にとっての空気のような存在になっています。

実際にシステムが停止してしまったら、多くの企業の業務が停止してしまうといっても過言ではありません。しかし、1年間全く停止することなく稼働していても、褒められることはあまりありませんし、稼働するのが当たり前の状態になっているのが現状です。

一方、製造業では「連続無事故運営1000日達成!」といったような垂れ幕を見ることがよくあります。情報システムも、1000日以上無停止で稼働できたらたいしたものだと思います。もちろん環境によるものも大きいですが、誰も彼もができるものでもないのです。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチの関連情報

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]