ジオトラス ト SSL証明書 期間3年の提供終了に関するお知らせ

3年間有効な SSL証明書の提供終了に関して、ご案内いたします。

ケープコッド株式会社 2018年02月07日

2018年2月15日に、ジオトラスト社が提供する 3年間有効なSSL証明書サービスの提供を終了

1. 概要

2018年2月15日に、ジオトラスト社が提供する 3年間有効なSSL証明書サービスの提供を終了させていただきます。

2. 背景

2017年3月、CA/ブラウザフォーラム(※1)にお いて、2018年3月1日以降に発行されるSSLサーバ証明書の有効期間を最大825日間(約27ヶ月)へと改定する提案(Ballot193 ※2)が可決されました。
これに伴い、各CAベンダーは 3年間有効なSSL証明書サービスの終了をアナウンスしています。

※1 CA/ブラウザフォーラム
(リンク »)
※2 Ballot193 改定内容
(リンク »)

3. スケジュール

・申請受付終了日時
2018年2月15日(木) 17:00(日本時間)

・発行終了日時
2018年2月27日(火) 18:00(日本時間)
※終了日時までにすべての認証が完了している必要がございます。余裕を持ってご申請ください。

4. 内容

・有効期間の選択
新規・更新・乗換申請時に、有効期間「3年」の選択肢は ご選択いただけなくなります。これ以降、ご申請いただけるSSL証明書サービスの最大有効期間は「2年」となります。

・更新・乗換申請時の有効期間上限に関する制約 
更新・乗換申請について、申請時点で残余期間や引継期間 を加算した有効期間が820日を超える場合、申請をお受けすることができなくなります。

・再発行申請に関する制約 
再発行申請について、申請時点で残余期間が825日を超える場合も申請をいただくことが可能ですが、発行時点で有効期間が825日に短縮されます。

5. 対象
ジオトラスト社が提供する以下SSL証明書サービス。
• ジオトラスト トゥルービジネスID
• ジオトラスト トゥルービジネスID ワイルドカード
• ジオトラスト クイック SSL プレミアム
• ラピッドSSL
• ラピッドSSL ワイルドカード

6. FAQ
・既存の期間3年で発行されたSSL証明書に影響はありますか?
影響を受ける事は有りません。ただし、更新/再発行時に 有効期間が825日までとなります。

・既存のSSL証明書の残り期間を調べる方法はありますか? 
こちらにて既存のSSL証明書情報を確認することができます。
(リンク »)

・まだ SSL証明書 期間3年にて 申し込みをすることは出来ますか。
2018年2月15日まで SSL証明書 有効期間 3年 を申し込むことが出来ます。

・有効期間が825日を超えるSSL証明書を再発行することは出来ますか。 
SSL証明書の再発行は 無料で行うことができます。しかし、2018年2月15日以降に再発行手続きを行う場合、有効期間が825日を超えるSSL証明書は その期間が 825日に変更されます。


GeoTrustとは
SSL証明書、暗号化技術と第 三者認証サービスにおける、全世界シェア第二位のリーディングブランドです。
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

SSL証明書 | ジオトラスト RapidSSL事業部

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ケープコッド株式会社の関連情報

ケープコッド株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]