電気ネットワークを保護する、ASGの新たな超電導システム

ASG スーパーコンダクターズ 2018年02月08日

From 共同通信PRワイヤー

電気ネットワークを保護する、ASGの新たな超電導システム

AsiaNet 72205

ジェノア(イタリア)、2018年2月8日/PRニュースワイヤー/ --
限流器は、再生可能資源を使ったエネルギー生産の増加に対処するユーティリティネットワークのニーズに応えるソリューションであり、ネットワーク内の接続を容易にし、見込まれる障害のリスク増加を軽減します。この革新的機器にはMgB2ワイヤーを使っており、素粒子物理学研究用の磁石の設計と製造におけるASGのノウハウを基にしています。

超電導磁石のリーディングカンパニー、ASGスーパーコンダクターズ(ASG Superconductors)は、革新的な超電導限流器(SFCL)の全機能を設計、実証しました。この36kVのシステムは、ベルリンにあるIPHの独立した研究施設において、実際の典型的な送電網より厳しい短絡状態で「型式試験」が行われました。

     (写真: (リンク »)  )

SFCLシステムには二ホウ化マグネシウム(MgB2)製の新しい超電導ワイヤーが使われており、可変インピーダンス素子の機能を果たす誘導システムです。同機器は稼働状態ではネットワークに全く「表示されない」ため、分散や外乱を防ぎますが、短絡が生じた場合には自力で瞬時かつ自動的に非常に高いインピーダンスに変換することができます(言い換えれば、故障電流を制限する機能)。

このシステムは、従来のソリューションでは不可欠の低温流体が全くない状態で機能し、メンテナンスの必要性を減らします。MgB2製の超電導ワイヤーを使用すると、消費を減らすことで従来の同等品に比べシステムをより効率化します。

超電導技術により、SFCL機器はネットワークの短絡発生で介入しても、回復に数ミリセカンドしかかからずに続けて稼働できるようになります。これは市場に出ている他のソリューションとは異なる機能で、供給の連続性に関して設備を大幅に進歩させ、短絡で損傷したネットワークコンポーネントの修復費用を回避することもできます。総所有コストを検討すると、SFCLシステムは中・高電圧送電網の短絡増加による問題を低コストで解決できることが明らかです。

誘導技術により、基本的作動原理を変更せずにSFCL機器の動作電圧値を36kVまでスケールアップすることができます。ASGはすでに、ヨーロッパの大多数の国の基幹システムの送電ネットワークに適した123kVシステムを開発しています。

詳細はASGスーパーコンダクターズのウェブサイトでご覧ください。

(リンク »)  


ソース: ASG スーパーコンダクターズ


(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。