ネットマーブル、プレス発表会「4th NTP」を開催! 2018年事業戦略及び新作ラインナップ20種類を公開!

ネットマーブルジャパン株式会社 2018年02月09日

From PR TIMES

● 2017年『リネージュ2 レボリューション』年間売上1,000億円突破
● 事業領域の拡大及び将来の競争力確保に向けた事業戦略を発表
● RPGのグローバル化をリードする役割維持を掲げ、新作ラインナップ20種を公開



[画像1: (リンク ») ]

 Netmarble Games Corp.(以下、ネットマーブル)は、2018年2月6日に、プレス発表会「4th NTP(4th Netmarble Together with Press)」を韓国(ソウル)にて開催し、2017年の成果と経営状況について、2018年の事業戦略及び新作ゲームの発表を行いました。

「4th NTP」で発表しました内容は以下のとおりです。
※主要内容の抜粋となります。

■2017年『リネージュ2 レボリューション』年間売上1,000億円突破
 ネットマーブルは、2017年に『リネージュ2 レボリューション (Lineage2 Revolution)』の日本とアメリカへのサービス展開を果たし、大きな成功を収めました。1本のゲームとして年間売上1,000億円を記録し、ネットマーブルが掲げる「RPGのグローバル化」の目標に貢献しました。
 また、2017年は有価証券市場への上場を通じた投資財源の調達ができたことや、グローバル競争力の強化の注力により、年間売上の54%を海外市場で記録し、ゲームパブリッシャーとして世界3位の売上を達成いたしました。

■事業領域の拡大及び将来の競争力確保に向けた事業戦略を発表
 ネットマーブルは、将来の競争力を優先的に確保するために、「プラットフォームの拡張」、「独自IPの育成」、「AI(人工知能)ゲームの開発」、「新ゲームジャンルの開拓」の4つを、2018年の核心的な事業戦略とし、本格的に推進して参ります。

 自社IP及び開発スタジオの投資を通じてモバイルゲームを枠を越え、コンソールゲームやグローバルゲームプラットフォーム「Steam(R)(スチーム)」のゲーム開発にも積極的に投資しています。
 コンソールゲームでは、ネットマーブルの自社IPである『セブンナイツ(Seven Knights)』を、「Nintendo Switch™」のタイトルとして開発しています。また、「Steam(R)」及び多数のコンソールゲームのタイトルとして開発中の『Little Devil Inside』の開発会社Neostreamに持分(持分率約30%)を投資いたします。

 ネットマーブルの自社IPの育成も本格化いたします。人気ゲーム『セブンナイツ(Seven Knights)』のIPを活用したMMORPG『セブンナイツ2』、『Stone Age』のIPをMMORPGで開発している『Stone Age MMORPG(仮題)』、『ゲットリッチ』の次世代グローバルバージョンの『リッチグラウンド(仮題)』、野球ゲームIPを活用する『極熱魔球魔球(仮題)』、そして、ネットマーブルの人気キャラクター「KOONGYA(野菜村)」を活用した『KOONGYA CATH MIND』、『KOONGYA VILLAGE』などを準備しています。

 また、AIゲーム開発においては、AIサービスエンジン「コロンバス」を高度化し、知能型ゲーム開発のための「AIゲームセンター」の設立や、AIグローバル人材獲得のために、北米に「AIラボ」などの設立を準備しています。

 新ゲームジャンルの開拓では、異種文化コンテンツの融合を通じた新ジャンルとして、グローバルアイドルグループ「BTS」の映像とイメージを活用した実写型シネマティックゲーム『BTS WORLD』のサービスを予定しております。
 このゲームは「BTS」のメンバーを育成するシミュレーションゲームとして開発し、1万枚以上のオリジナルイメージと100本以上のストーリー映像に加え、ゲーム内で新曲を初公開する予定です。

■「RPGのグローバル化」を目標に、2018年の新作ラインナップ20種を公開
 2018年は、RPGタイトルを中心に、モバイルゲーム19種、コンソールゲーム1種の合計20種類の新作ゲームの展開を予定しております。

[画像2: (リンク ») ]


 アメリカや日本などのビッグマーケットで認知度の高いIPを活用した、『ハリーポッター』、『七つの大罪RPG(仮題)』、『Magic: The Gathering Project M(仮題)』や、2018年のサービスに向け開発中の超大型MMORPG『ブレイドアンドソウルレボリューション』、『セブンナイツ2』、『イカロスM』に加え、『Firstborn(ファーストボーン)~王国戦争~』、『円卓の騎士(仮題)』、『リッチグラウンド(仮題)』、『極熱魔球魔球(仮題)』、『KOONGYA CATH MIND』、『KOONGYA VILLAGE』など様々なジャンルの新作ゲームを準備しております。

 また、グローバルアイドルグループ「BTS」の映像とイメージを活用した実写型シネマティックゲーム『BTS WORLD』や、モバイルRPG『セブンナイツ』をコンソールゲームの「Nintendo Switch™」のタイトルとして開発中の『セブンナイツSwitch(仮題)』も初公開いたしました。

 中でも、『リネージュ2 レボリューション (Lineage2 Revolution)』に次ぐ超大型MMORPGとして準備している『ブレイドアンドソウルレボリューション』、『セブンナイツ2』、『イカロスM』や、世界的な人気を誇る「ハリーポッター」や「マジック:ザ・ギャザリング」、日本の人気アニメ「七つの大罪」、人気格闘ゲーム「THE KING OF FIGHTERS」などのIPを活用したゲームに大きく力を入れています。

 2018年も、ネットマーブル及びネットマーブルが提供するゲームに是非ご期待ください。

◆Netmarble Games Corporationについて◆
 ネットマーブルゲームズは、世界中の人々に楽しく良質なゲームを提供しております。現在、全世界で急成長しているモバイルゲーム会社の一つであり、全世界を代表する開発社兼パブリッシャーです。2000年に韓国で設立されて以来、4,000人を超える従業員と共にリネージュ2 レボリューション (Lineage2 Revolution)、マーベル・フューチャーファイト(MARVEL Future Fight)、セブンナイツ(Seven Knights)、ゲットリッチ等の良質なモバイルゲームをリリース、サービスしてきました。グローバルMMORPGゲームの開発社Kabamの親会社であり、グローバルカジュアルゲームの開発社Jam Cityの最大株主でもあるネットマーブルゲームズは、アジア最大のエンターテイメント企業CJ E&M、アジア最大のインターネット企業Tencent Holdings、MMOで有名な企業NCsoftと戦略的パートナーシップを締結し、協力し合ってきました。ネットマーブルゲームズに関する詳しい情報は、 www.netmarble.com をご覧ください。
 日本国内では、ネットマーブルゲームズの日本法人であるネットマーブルジャパン株式会社がスマートフォン向けモバイルゲームのサービス提供を行っています。詳しい情報は、 (リンク ») をご覧ください。

※本プレスリリースに記載のある会社名及び作品・商品・サービス名称等は、各社の商標または登録商標です。
(c) Netmarble Games Corp. / (c) J.K. Rowling. (c) Warner Bros. Entertainment Inc. / (c) 1995-2018 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. / (c) NCSOFT Corp. / (c) Wemade Entertainment Co., Ltd. / (c) Big Hit Entertainment / (c) SNK CORPORATION / (c) 鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS / (c) 2018 Valve Corporation. / (c) Nintendo


■■これら情報の詳細および画像素材は、下記アドレスよりダウンロードいただけます。■■
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]