変数の種類とスコープについて

株式会社Dive into Code 2018年02月16日

国内トップクラスのRuby、RailsスクールのDIVE INTO CODEが技術解説「変数の種類とスコープについて」を公開しました。

###

今回は「変数の種類とスコープ」について学びます。
変数は数値や文字列を保持するための単なる箱ですが、実はとても奥が深い存在なのです。

◆変数の種類とスコープ

変数は大きく4種類存在しています。
なぜこれだけ複数の種類の変数が存在しているかは、それぞれ スコープ に違いがあるからです。
スコープとは 中身をどれだけ保持することができるか という意味で、
イメージとしては 守備範囲 のようなものです。

今回は使用頻度が高めな ローカル変数 と インスタンス変数 について理解を深めていきましょう。

◆ローカル変数

ローカル変数の書き方

ローカル変数は以下のように 先頭はアルファベット で始める必要があります。
さらに _ や 数字 を使うことも可能です。(ただし、数字などは普通あまり使いません)

詳しくは下段で説明します。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Dive into Codeの関連情報

株式会社Dive into Code

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。