UBiqubeがOpenMSA Developer Communityを立ち上げ

UBiqube 2018年02月19日

From 共同通信PRワイヤー

UBiqubeがOpenMSA Developer Communityを立ち上げ

AsiaNet 72323 (0316)

UBiqubeがネットワーク及びセキュリティープロセスの自動化促進に向け、OpenMSA Developer Communityを立ち上げ

*OpenMSA Communityはマルチベンダー、マルチドメインのデバイスおよびシステムのオーケストレーションを通じたイノベーションを促す開発者フォーラムになる

【ダブリン2018年2月19日PR Newswire】

ベンダー及びドメイン非依存型のオーケストレーション技術の分野の先駆的イノベーターであるUBiqubeは、ネットワークとセキュリティー技術のオーケストレーションソリューションおよび関連プロセスの自動化を開発者が自由に設計できるオープンフォーラムであるOpenMSA Community( (リンク »)  )の立ち上げを発表した。

Photo -
(リンク »)  

コミュニティでは、通信事業者、システムインテグレータあるいは企業のエンジニアはベンダー・ロックインやベンダー依存を気にすることなしにOpenMSA上で構築したオーケストレーション・ソリューションをつくり、ネットワークやデータセンター等のドメインの垣根を超えたサービスの自動化オペレーションが実現可能になる。

レガシーハードウエアやSDN、NFVベースのソリューション等、複数のハイブリッドネットワーク・アーキテクチャーは1つにオーケストレートされる。WANからLAN、ネットワークからセキュリティー等、様々なドメイン、またいかなるデバイス単位の機能も、単一の自動化プロセスによって組み合わせられ、すべてのパーツは制御されるようになる。

このような技術の応用は無限であり、OpenMSA Communityに期待される創造性も無限である。

OpenMSAソフトウエアは無料でコミュニティー開発者が利用でき、www.openmsa.co でダウンロードできる。関連のオープンソース開発モジュールはGithub( (リンク »)  )で入手可能。

▽UBiqubeについて
UBiqubeは世界的なソフトウエアサプライヤーで、通信事業や大規模、中規模企業にベンダーニュートラル、マルチドメイン、エンドツーエンドのネットワークとセキュリティーのオーケストレーションソリューションを提供する。UBiqubeはネットワーク産業のデジタル化を主導し、ハイブリッド通信インフラストラクチャー(レガシー、SDN/NFV/IoT)上のサービスの設計、自動化、オーケストレーションのためのオープンフレームワークを可能にする開発・運用ツール(DevOps)であるMSActivator(TM)を開発した。UBiqubeはダブリンに本社があり、フランス、インド、アラブ首長国連邦(UAE)、日本、米国シリコンバレーに事務所を持つ。詳細はwww.ubiqube.comを参照。

▽メディア問い合わせ先
Ariane Sunder
pr@ubiqube.com

Logo - (リンク »)  

ソース:UBiqube

(日本語リリース:クライアント提供)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]