学校法人共立女子学園が、JCRの長期発行体格付「A+」(シングルAプラス)、格付けの見通し「安定的」を継続取得

共立女子大学 2018年02月20日

From Digital PR Platform





 学校法人共立女子学園(東京都千代田区、学園長・理事長:御手洗 康)は、JCR(日本格付研究所)から長期発行体格付「A+」(シングルAプラス)、格付けの見通し「安定的」を昨年に引き続き取得した。
 同学園は2004年度に女子大で初めて格付けを取得して以降、15年連続で「A+」を取得している。





 学校法人共立女子学園が、長期発行体格付「A+」(シングルAプラス)、格付けの見通し「安定的」を取得・維持することとなったポイントとしては、主に以下の点が挙げられる。

1.生徒数が減少している八王子市の第二中学の状況には留意を要するが、大学の志願動向は堅調で、安定した学生獲得力を保っている。

2.手厚い教員配置に伴い人件費負担は重いが、事務局による予算統制が徹底されており、当面、一定のキャッシュフロー水準を維持できると想定する。


■学校法人共立女子学園ホームページ
  (リンク »)


■日本格付研究所(JCR)ホームページ
  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人共立女子学園 財務課
 東京都千代田区一ツ橋2-2-1
 TEL: 03-3237-2416
 FAX: 03-3237-2767

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。