京都高島屋が5階キッズフロアを改装!3月1日(木)「ディアキッズスクエア」オープン!3月7日(水)おもちゃ売場をリニューアルし「おもちゃSTATION」が登場!

株式会社高島屋 2018年02月21日

From Digital PR Platform


京都高島屋(京都市下京区)では、昨年3月にオープンした新生児衣料・育児用品・マタニティー用品ゾーン『ハローベビーサロン』に引き続き、この春、キッズフロアを改装し、トドラー・スクール(3〜12歳程度)向けこども用品売場を再編します。働く母親を中心にニューファミリーをターゲットにした、上質感があり高感度な品揃えで、子育てライフスタイルをトータルでご提案する提案型売場を展開します。

社会構造の変化を背景に、ママ・パパ世代の意識・感性が変わり、子育ても「より自分らしく」、なにごとも「家族が一緒になって楽しむ」など生活スタイルに変化が生まれています。こうしたなか、ファミリー顧客のご要望に応えるべく、未就学児から小学校低中学年向けの身のまわり雑貨・ランドセル・こども靴などの用品雑貨売場を再編し、3月1日に『ディアキッズスクエア』としてリニューアルオープン。お子様の成長にあわせ、『ハローベビーサロン』から繋がる売場を再構築します。

また、3月7日に、同じキッズフロアのおもちゃ売場もリニューアル。ニーズの高い知育玩具ゾーンの面積を拡大するほか、玩具アドバイザーがおもちゃ選びのお手伝いをする「おもちゃSTATION」を新設します。親子でじっくり商品を体験でき、また、お孫様へのプレゼントなどおもちゃ選びのサポート体制を強化する等、あらゆる世代のお客様が快適にお買い物できる売場へと進化します。

昨年3月にオープンした『ハローベビーサロン』と、3月1日の『ディアキッズスクエア』オープン、3月7日の『おもちゃ売場』リニューアルにより、5階キッズフロア内のお客様の利便性を高め、おこさまの成長、ライフイベント等に応じて、親子三世代にわたりお客様を継続的にサポートできる売場づくりを目指します。


【『ディアキッズスクエア』について】

■『ディアキッズスクエア』売場の概要 
・売場面積:約144m2  ・オープン日:2018年3月1日(木)
・ターゲット層 :働く母親や「イクメン」を中心としたニューファミリー


(リンク »)
『ディアキッズスクエア』完成イメージ

■売場開発の背景
働く母親を中心とする、現代の子育て世帯の意識、ライフスタイルが大きく変化
・働くママの台頭
・「イクメン」パパの育児参加、家事参加が当たり前に
・核家族化が進む中、家族単位の行動、親子が一緒に楽しむ消費の増加(「リンクファッション」など)


■売場の特徴 
「こどもたちの健やかな成長」に必要なモノと「ファミリーで楽しめる」コトをきちんと品揃え

親子ともに忙しい日々を過ごす家族に向け、通園やスクールライフをサポートする小物雑貨など、親目線からも安心でうれしいマストアイテムの充実やニューアイテムを紹介。また、学校生活、放課後、休日などのライフスタイルや入園・入学などのオケージョン、シーズンに応じた提案を百貨店ならではの「上質なクオリティ」と、子育ての様々な「シーン」に対応する高感度な商品セレクト、シーズンに合わせ「タイムリー」に展開していきます。

※シーズン、歳時記、オケージョンにあわせて、商品特集や提案内容を変更します。


■品揃え・売場展開の方向性 

1.お子様の毎日の生活をサポートするアイテム

(1)通園・通学グッズ
共働き世帯の増加により、保育所や託児施設の利用、学校生活への関心が増すなか、通園・通学の必需品である身のまわり雑貨の品揃えをオリジナル商品も交え拡充していきます。また、おこさまが使うバッグなどをカスタマイズするグッズやイベントも展開していきます。
・強化アイテム:バッグ類、帽子、ソックス、レイングッズ、カットソーパンツ、レッスンバッグ
・新規ブランド:キッズフォーレ ほか

(2)お弁当グッズ
おこさまの年代によって変化する用途に合わせたお弁当箱や周辺グッズの集積に加え、料理研究家とコラボしたレシピの紹介やワークショップを実施します。
・強化アイテム:天然素材のお弁当箱、サーモランチボックスなど
・新規ブランド:ファンファン、スマイリッシュ ほか
(リンク »)

(3)ヘルメット
道路交通法で着用努力が推奨されるなど、自転車に乗る際のおこさまの安全確保にヘルメットの需要が増加しています。保護者が運転する自転車に乗る際だけでなく、おこさま自身が自転車を運転する際やライトスポーツにも積極的な着用を薦めていきます。
・新規ブランド:バーン ※CPSC・EN1078規格対応
(リンク »)


(4)こども靴
通園・通学のスポーツシューズやフォーマル用の革靴などマストアイテムの充足に加え、家族のおでかけを楽しくする「親子リンク」や「Mini me」の視点を盛り込んだカジュアルシューズを強化展開します。シューフィッターによる靴選びのお手伝いも行っています。
・強化アイテム:カジュアルシューズ、スニーカーなど


(5)ランドセル
6年間使うものだからこそ、百貨店クオリティに対する顧客ニーズの高まりが顕著。「ラン活」と呼ばれるほどランドセル購買への関心が高まっていることから、一年を通し常設展開します。4方向反射・大容量・内張り・アップ式背カン・持ち手付き・ワンタッチロック錠・6年間保証・国内生産など、タカシマヤならではの誇れる機能性ランドセルに+デザインなど、クオリティの高いランドセルをご提案します。
・強化ブランド:タカシマヤオリジナル


2.オケージョンやシーズンに応じた商品展開やイベントの実施
入園、入学などのオケージョン、春夏秋冬、季節に応じたシーズンアイテムなど、時期に応じてニーズが高まるアイテムをタイムリーに強化展開するほか、体験型のコトイベントも開催。年間を通じて、おこさまのすこやかな成長と「より自分らしく」「自分達らしいスタイルで」子育てを楽しむママ・パパを応援します。

【一例】
○リビング学習フェア 家具展示承り会
会期:2018年3月1日(木)~3月20日(火)
ライフスタイルや住宅事情の変化を捉え、親のリビングスタイルにカスタマイズしていくこどもの学習スタイルを提案します。
・取り扱いアイテム: ランドセルラック、デスク、おこさまの成長に応じた可変チェアなど
・取り扱いブランド:〈イイコ〉〈ノッテコ〉など

○〈アシックス〉おこさまの足の計測会
開催日:2018年3月24日(土)・25日(日)
受付時間:各日午前10時~11時30分、午後1時~午後4時30分
〈アシックス〉の専門スタッフが、専用計測器を使い、おこさまの足を計測。靴選びのアドバイスをします。

○〈リバース〉ぬりえでオーダーアップリケ
開催日:2018年3月18日(日)
時間:午前11時~正午、午後1時~5時(所要時間:約30分) ※先着20名様
お好きなデザインを選んで色を塗っていただき、その絵をアップリケにしてお渡しします。レッスンバッグなどに貼って、自分だけのバッグに!
(リンク »)


○鉛筆を使ってお名前のかきかた教室
開催日時:2018年3月26日(月)・27日(火)各日午後1時~、午後2時~、午後3時~(各回約40分)
各回先着6名様(要予約)/対象:4歳~8歳くらいのおこさま /参加費:無料
※3月14日(水)から、お電話もしくはご来店にて、ご予約を承ります。
【075‐221‐8811(代)】
「京都かきかた鉛筆」を使った書き方教室を開催します。


【『おもちゃ売場』について】

■『おもちゃ売場』の概要 
・売場面積:約247m2 (リニューアル前の約1.1倍)  ・リニューアル日:2018年3月7日(水)
・ターゲット層 :孫との時間を大切にする祖父母世代、子育てをファミリーで楽しむママ・パパ世代


■売場の特徴 
祖父母・ママ・パパからニーズの高い知育玩具を拡充、玩具アドバイザーによるコンサルティング販売を強化

おもちゃ売場をリニューアルし、祖父母、ママ・パパからニーズの高い知育玩具ゾーンを1.5倍に拡大。また、「おもちゃSTATION(ステーション) 」を新設し、「玩具アドバイザー」によるコンサルティング販売を強化します。親子でじっくり商品を体験でき、また、お孫様への贈り物など、ギフト選びのサポートを強化する等、あらゆる世代のお客様が快適にお買い物できる売場へと進化します。

■品揃え・サービスの方向性
1.知育玩具を拡充。高感度なハ゜ハ゜・ママ世代に向けて、「インテリア」と調和しやすいデザイン性が高いものも。

ニーズの高い知育玩具ゾーンを拡大、品揃えを増やします。子育てを家族で自分達らしく楽しむママ・パパ世代に向けて、デザイン性に優れ、リビングルームのインテリアとも調和しやすい洗練されたデザインの知育玩具などが並びます。
・新規ブランド:ジャノー、キコ、ジジ
(リンク »)
(リンク »)


2.注目が高まる「プログラミング教育」や「英語」に関する商品の拡充

2020年に予定されている小学校の学習指導要領の改訂により、「プログラミング教育」、「英語」への注目が高まっています。それに伴い、おもちゃ選びでも、脳トレやSTEMといったキーワードが注目されています。そのような背景を受けて、プログラミングや英語を学べるロボット、楽しみながら「考える力」を育むボードゲームなどを拡充します。

3.玩具アドバイザーが常駐するコンサルティングスペース「おもちゃSTATION」を新設

「おこさまの成長を育む大切なおもちゃをじっくり選んで頂きたい」という思いから、「おもちゃSTATION」を新設します。「おもちゃSTATION」には、親子でじっくりおもちゃをお試しいただけるスペースとご相談カウンターを設置。玩具アドバイザー(※)の資格を持つ販売員がおもちゃ選びのご相談を承ります。(時間帯によっては玩具アドバイザーが不在の場合もあります)。おこさまの成長にあわせたおもちゃの選び方や、出産お祝い好適品、お孫様へのプレゼント選びなど、お気軽にご相談いただけます。

※玩具アドバイザー:「社団法人 日本玩具協会」認定。玩具に関する知識とともにおこさまの成長や発達についての知識、世界の玩具文化など、幅広い知識を基に玩具選びのお手伝いをいたします。

※画像はすべてイメージです。

【京都高島屋公式サイト】
(リンク »)

【お問い合わせ】
京都高島屋
京都市下京区四条通河原町西入真町52
TEL:(075)221-8811(代)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。