健康経営優良法人2018(ホワイト500)認定のお知らせ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 日本法人グループ 2018年02月21日

From 共同通信PRワイヤー

2018年2月21日

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ

健康経営優良法人認定制度
ジョンソン・エンド・ジョンソン 日本法人グループ
健康経営優良法人2018(ホワイト500)認定のお知らせ

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ*1(本社:東京都千代田区、以下ジョンソン・エンド・ジョンソン)は、2月20日付にて、経済産業省が制度設計を行う健康経営優良法人2018(ホワイト500)の認定を受けましたことをご報告いたします。

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。この度、ジョンソン・エンド・ジョンソンは、規模の大きい企業や医療法人を対象とした「大規模法人部門」の1社に選ばれました。

2011年、当時の弊社 医療担当専務取締役フィクリー・アイザック博士は、“健康投資の企業価値を高める寄与”を裏付ける根拠の1つを共同執筆者として発表。『健康投資1ドルに対して、約3ドルの投資リターンの成果につながった』*2ことを示すことで、従業員の健康維持促進プログラムを広める先導的役割を果たしてきました。今日においても、充実したプログラムやサービスを全世界のグループカンパニーに同等のレベルで提供し、健康的な生活の実現に取り組んでいます。

【主なプログラムやサービス】
■ 全従業員対象 研修プログラム Energy for Performance
職場でもプライベートでも、より活き活きと活動するために、時間管理だけではなく自らの持つエネルギーの管理方法を学ぶプログラムを全従業員に提供しています。個人が成し遂げたい人生のミッションを明確にし、さらに食事や運動などを通じて戦略的にエネルギーを拡大していきます。

■ ワークライフバランス支援
育児休暇や介護休暇取得の促進をはじめ、勤務地・勤務時間に柔軟性を持たせる制度を導入することで、従業員のワークライフバランスを支援しています。

■ 従業員支援プログラム
従業員の心身の健康を増進するプログラムを複数提供しています。従業員向けに配信されている健康管理アプリを使った生活習慣改善サポートやウォーキングイベントの開催をはじめ、社内産業保健スタッフやEAP*3機関を活用したセミナー開催などのメンタルヘルス支援を提供しています。

■ 所定労働時間内禁煙ポリシー
全世界共通の職場内禁煙ポリシーに加え、日本では所定労働時間内禁煙ポリシーを施行しており、2019年からは、昼休みも禁煙とするポリシーへの移行を予定しています。禁煙プログラムは、ガン予防の取り組みを促進しているものでもあり、ニコチン置換療法や禁煙カウンセリングなどを提供しています。

ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、企業理念となる「我が信条(Our Credo)」において、世界中で働く全ての従業員への責任が提言されています。従業員の健康向上のための取り組みや、職場環境の整備、さらに人材開発や能力向上機会の提供は、経営上の最重要課題です。今後も、ヘルスケア業界のリーディングカンパニーとして、従業員の「健康と生活」を改善し、企業力を高めることによって、日本をはじめ世界中の皆様の健康にさらに貢献していきたいと考えております。

*1  ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループについて
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社(コンシューマー カンパニー、メディカル  カンパニー、ビジョンケア カンパニー)、ヤンセンファーマ株式会社で構成。
(リンク »)

*2 Rachel M. Henke, Ron Z. Goetzel, Janice McHugh, and Fik Isaac. Recent Experience In Health Promotion At Johnson & Johnson: Lower Health Spending, Strong Return On Investment. HEALTH AFFAIRS. 2011 March; 30(3) :490-499

*3  従業員支援プログラムEmployee Assistance Program(EAP)について
組織的なメンタルヘルス対策、健康増進など、職場のパフォーマンスを向上させるための取り組み。

【健康経営優良法人認定制度について】
健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。
(リンク »)

【ジョンソン・エンド・ジョンソンについて】
私たちジョンソン・エンド・ジョンソンは、健康こそが豊かな人生の基盤であり、地域社会の繁栄と、発展を促す原動力であると考えています。 この信念に基づき、130年を超える長きにわたり、私たちはすべての世代の、人生のあらゆる段階の人々の健康を支えてきました。今日、世界最大級で広範な拠点を有するヘルスケア企業としての強みを最大限に活かし、世界中の誰もが、どこにいても、心身の健康と健全な環境を享受することができるよう、私たちは適正な価格でヘルスケアにアクセスできる、より健全な社会の実現に向けて努力しています。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、私たちの想いと科学の力、そして創造力を一つにして、ヘルスケアの在り方を根本から変えるべく取り組んでいます。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]