「ギガアクセスVPNルーター RTX830実機レポート (2) Amazon VPCと接続してみよう – 前編」

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ 2018年02月28日

SCSK株式会社 ネットワークプロダクト部 販売促進課 は濱田康貴氏のコラム「ギガアクセスVPNルーター RTX830実機レポート (2) Amazon VPCと接続してみよう – 前編」を公開しました。

###
みなさんこんにちは。2017年10月に発売されたギガアクセスVPNルーター RTX830(以下RTX830)は、Amazon VPC(以下VPC)へのVPN接続がGUIで簡単にできるのが大きな特徴です。そこで、今回は実際にAWSにVPCを構築して、RTX830からVPN接続してみたいと思います。

RTX830の設置拠点は、1つ以上の固定グローバルIPアドレスがあることを前提といたします。また、今回作成するVPCは、東京リージョンを選択します。
Amazon VPCとは

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) は、AWSが提供するネットワーク基盤上に、自身で設計したプライベートネットワークを構築できるサービスです。ELBやInternet Gateway、Elastic IPを経由してインターネットと接続できるVPCは勿論、自社拠点やオンプレミスのデータセンターとAWS PrivateLinkやVPNでのみ接続するVPCを構築することができます。

RTX830発売前のルーターとVPCをVPN接続するには、いくつかのコマンドを実行しなければなりませんでしたが、RTX830の「かんたん設定」のウィザードをすすめるだけで、VPCへのVPN接続ができるようになりました。

AWSで事前に行う設定は以下の2つです。

1)VPCウィザードからVPC構築
2)IAMウィザードからユーザーを追加

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチの関連情報

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]