住友理工、「第24回 建築・建材展2018」に出展 ~開発中のリフォーム専用制震システムを参考出品~

住友理工株式会社 2018年02月26日

From 共同通信PRワイヤー

2018年2月26日

住友理工株式会社

住友理工、「第24回 建築・建材展2018」に出展 
~開発中のリフォーム専用制震システムを参考出品~

 住友理工株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役 社長:松井徹)は、東京ビッグサイトで3月6日(火)から開催される「第24回 建築・建材展2018」に出展します。

【画像: (リンク ») 】

 2016年の熊本地震では、震度7の大地震が同じ地域で連続して発生し、余震も群発したため被害が拡大しました。これ以降、繰り返しの地震に耐え、住み続けられる家づくりへの意識が高まっています。住宅向けの地震対策の一つである制震システムは、断続的な揺れに強い性能が評価され、ハウスメーカーが標準仕様に採用するなど広がりを見せています。

 当社の木造住宅用制震システム「TRCダンパー」は、内蔵された特殊粘弾性ゴムが伸び縮みすることで、地震エネルギーを熱エネルギーに瞬時に変換。震度6強の地震で、水平変位を最大50%程度低減することができます。また何度も伸縮可能な特殊粘弾性ゴムにより本震だけでなく、繰り返し起こる余震にも効果を発揮します。熊本地震では、TRCダンパーを設置した熊本県内の住宅において倒壊や大きな損傷は見られず、大切な命や住宅を地震から守りました。

 当社ブースでは、TRCダンパーや、昨年ラインアップに加わった2×4(ツーバイフォー)住宅向け制震システム「TRC-2×4」の実物展示に加え、天井や床を剥がさずに施工できる、現在開発中のリフォーム専用の制震システムを参考出品します。
また、「30分で取り付け可能」と施工のしやすさに定評のあるTRCダンパーの施工実演デモンストレーションを実施します。

<展示品紹介>
・【参考出品】リフォーム専用制震システム
従来のTRCダンパーはリフォームにも適用できますが、取り付けには壁だけでなく、天井や床を剥がす必要がありました。現在開発中のリフォーム専用制震システムは、天井や床を剥がすことなく取り付け部分の壁のみを剥がし、横架材※や補強材を取り付けることでTRCダンパーが施工可能となります。TRCダンパーの制震性能はそのままに、工期日数の短縮や費用縮減が期待できます。
横架材※:柱などの垂直材に対して直角に横に渡す部材のこと

・木造住宅用制震システム「TRCダンパー」
地震時に木造住宅の損傷を低減する制震システムです。内蔵された特殊粘弾性ゴムが地震エネルギーを熱エネルギーに瞬時に変換させて揺れを低減。新築はもちろん、既存住宅のリフォームにも適用でき、余震など繰り返しの地震にも効果を発揮します。

・2×4住宅向け制震システム「TRC-2×4」
TRC-2×4は、2×4(ツーバイフォー)住宅の壁の厚みに対応するため、制震性能を損なうことなく、木造住宅用TRCダンパーに比べ厚みを1cm薄くするなど製品のコンパクト化を実現した製品です。

・重量床衝撃音対策ダンパー
上階で発生する足音や、子どもの飛び跳ねなどの床衝撃音を低減する遮音デバイスです。板ばねとおもりの動きによる制振効果と、高減衰ゴムの複合効果により振動騒音を低減します。

・特殊樹脂化粧型枠「モールドスター」
建築物などのコンクリート壁の表面にデザイン性の高い意匠を直接施すことができる特殊樹脂製の型枠です。コンクリート打設と同時に壁面にレリーフが形成されます。レンガ模様、リブ模様、木目模様など200種類を超えるデザインを取りそろえ、住宅外壁の装飾にも採用されています。

<開催概要>
展示会名  :第24回 建築・建材展2018
会期    :3月6日(火)~9日(金)
会場    :東京ビッグサイト
ブースNo.:AC5228(東6ホール)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。