(株)ファスマックが「JFS-A規格」及び「JFS-B規格」監査会社に登録

日本製粉株式会社 2018年02月28日

From 共同通信PRワイヤー

2018年2月28日

日本製粉株式会社

日本発の食品安全管理規格 取得をバックアップ
(株)ファスマックが「JFS-A規格」及び「JFS-B規格」監査会社に登録

 日本製粉グループの(株)ファスマック(代表取締役社長:布藤 聡 本社:神奈川県厚木市)は、一般財団法人 食品安全マネジメント協会(JFSM)が運用する日本発の食品安全管理規格「JFS-A規格」及び「JFS-B規格」の監査及び適合証明プログラムに基づく監査会社として登録されました。

 「JFS規格」は、国内取引における一般的な衛生管理を中心とした「JFS-A規格」、それに加えてHACCPの実施も含んだ「JFS-B規格」と、GFSIの要求事項に基づき国際的な取引に必要な要素を備えた「JFS-C規格」の、3つの段階的な規格で構成されています。
 (株)ファスマックは、このうち「JFS-A規格」及び「JFS-B規格」における監査及び適合証明を行う監査会社として登録されました。この2つの規格は中小事業者にとっても取り入れやすい内容となっており、食品安全への取り組みを段階的に向上させることができます。また、現在検討されている厚生労働省によるHACCPの制度化への対応推進にもつながります。
 当社グループでは、引き続きグループ内での食の安全・安心の確保に向けて取り組むとともに、今回の(株)ファスマックの監査会社登録により、日本の食品業界における安全性の確立に尽力してまいります。


<ご参考1> (株)ファスマック 会社概要
■代表者 : 代表取締役社長 布藤 聡
■主な事業内容 : 食品の遺伝子検査、食品検査試薬の販売、
          遺伝子工学用試薬の製造・販売、
          DNA解析サービス、衛生管理指導
■所在地 : 神奈川県厚木市緑ヶ丘5-1-3
■ホームページ : (リンク »)

<ご参考2> 一般財団法人 食品安全マネジメント協会と日本製粉(株)の関わり
 一般財団法人 食品安全マネジメント協会(JFSM)は、食品安全とその信頼確保の取り組みを推進するため、日本発の食品安全マネジメント規格のスキームオーナーとして、食品関連企業及び有識者によって2016年に設立された団体です。当社は設立者のうちの1社であり、設立後も「JFS-C規格」の規格・認証スキームの世界食品安全イニシアチブ(GFSI)への承認申請等、同協会の活動に協力しております。

<ご参考3> 日本製粉(株)竜ヶ崎工場「JFS-C規格」認証取得について
 当社グループでは食の安全・安心の確保に向けた取り組みの一環として、各種食品安全マネジメントシステムの認証取得を推進しております。「JFS規格」においては、当社竜ヶ崎工場が2017年に「JFS-C規格」の認証を取得しました。詳細は下記URLのリリースをご覧ください。
(リンク »)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]