クラウド型勤怠管理サービス「AKASHI」にシフト管理機能を追加

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 2018年02月28日

From PR TIMES

(リンク »)



 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、クラウド型勤怠管理サービス「AKASHI」(*1)にシフト管理機能を追加し、本日2月28日より提供を開始します。

[画像1: (リンク ») ]

                      シフト作成画面

 小売店や飲食店をはじめとするシフト制の職場では、各従業員の希望勤務時間と立場・スキルなどを考慮した適切なシフトを作成しています。突発的な欠員にも随時対応が必要で、シフト管理業務は、煩雑化しがちで管理者の業務効率化や働き方改革を阻害する要因とも言われています。

 このたび新たに提供する「AKASHI」のシフト管理機能では、シンプルでわかりやすく直感的に操作できるUI設計により、各従業員の労働時間や行動予定を、簡単に可視化することができます。従業員ごとに「薬剤師」「レジ」などの資格・スキル情報を管理したり、時間帯ごとに「リーダー」「鍵当番」などの役割・当番を登録したりすることも可能で、シフト管理にかかる工数を大きく削減することができます。従業員は、募集中のシフトをスマホから確認し応募することが可能です。

[画像2: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]


 


         シフト募集 作成画面(PC)             シフト募集 応募画面(スマホ)


 また、「AKASHI」では、ユーザー企業の声をもとに、スピーディなサービス改善にも取り組んでいます。2018年1月には、各種福利厚生やカフェテリアプラン(*2)、交通費精算などの「手当て」「ポイント」の申請管理機能を追加しました。

 「シフト管理機能」、「ポイント管理機能」とも、プレミアムプラン(月額400円/人)にて利用可能です。

 詳細はサービスページを参照ください。 (リンク »)
 
 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、今後もお客さまの生活をより便利で快適にするサービスを拡充してまいります。

(*1)「AKASHI」は、シンプルなデザインと操作性で、マニュアルがなくても簡単に管理が行える、マルチデバイス(パソコン、iPad、スマートフォン、FeliCaカード、専用打刻機)対応のクラウド型勤怠管理サービスです。10年以上かけて蓄積した勤怠管理システムの運用ノウハウを活かしたサポートや、週に一度の機能改善など、ユーザー企業の利便性向上にも力を入れています。
[画像4: (リンク ») ]


(*2) 「カフェテリアプラン」とは、企業側があらかじめ用意した福利厚生メニューの中から、従業員が自分に必要なものを選んで利用することができる「選択型福利厚生制度」です。従業員は企業から「福利厚生ポイント」を付与され、その範囲内でサービスを利用するのが一般的です。

※記載の金額はすべて税抜金額です。別途消費税がかかります。
※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

                                             以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。