Comvivaのmobiquity Moneyでのモバイルマネー顧客が1億人を突破

Mahindra Comviva 2018年03月01日

From 共同通信PRワイヤー

Comvivaのmobiquity Moneyでのモバイルマネー顧客が1億人を突破

AsiaNet 72493 (0396)

【バルセロナ(スペイン)2018年2月28日PR Newswire=共同通信JBN】
*第5世代プラットフォームをローンチし、大型豪華本「The mobiquity Money: A
Decade of Transforming Lives(The mobiquity Money:人生を変えた10年)」を発刊

モビリティーソリューションで世界をリードするComviva( (リンク ») )は28日、同社の主力モバイルマネー商品であるmobiquity(R)Money( (リンク ») )の45カ国60展開における登録顧客が1億人の水準を突破したと発表した。さらに、この商品が処理するモバイルマネー取引は36億件に上り、1年間で600億ドルを超えている。

(Logo: (リンク ») )

mobiquity(R)Moneyの10周年に当たって同社は、世界の顧客と社会を力付けたこの商品の役割を記録した大型豪華本を発刊した。大型豪華本はアジアやアフリカ、中東、中南米でのモバイルマネーの展開を巡るヒューマンストーリーを列挙している。Orange Groupの副最高経営責任者(Deputy Chief Executive Officer)で顧客体験・モバイルバンキング担当のマーク・レナード氏が、バルセロナのMobile World Congressでこの本を公表した。

Comvivaのマノランジャン・モハパトラ最高経営責任者(CEO)は発刊について「モバイルペイメントの歴史が記される時、さまざまな障害を乗り越えた多くの人の努力を知ることが重要だ。障害とは規制当局、小売りネットワーク、銀行、消費者の信頼感と行動に関してで、その努力によって銀行口座を持たない3億人以上の利用者にファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)の枠組みがもたらされた。近い将来に人々があらゆる種類の金融サービスを利用する中で、このグループが重要な役割を果たすことだろう。mobiquity(R) Moneyで人々の生活を変革して10年が過ぎた機会に当たり、この旅路を共にしたパートナーたちに喜びを伝えたい」と語った。

大型豪華本を公表したOrange Groupの副最高経営責任者兼顧客体験・モバイルバンキング担当のマーク・レナード氏は「モバイルマネーは銀行がない経済圏の人々の生活を改善する素晴らしいツールで、世界の他の地域では利用できる銀行サービスを補うことができる。Orange Moneyとその他のモバイルマネーサービスは、ファイナンシャル・インクルージョン、女性の健康、移民の福祉、電力利用、小規模事業の振興、キャッシュの少ない経済の段階的構築などさまざまな分野で、たゆまず新境地を開拓している。世界中でモバイルマネーが展開したことにより人生が一変した選りすぐりのストーリーを盛り込んだこの大型豪華本を出せてうれしい」と話した。

この大型豪華本のダウンロードは次のリンクから
(リンク »)

▽メディア問い合わせ先
Sundeep Mehta
PR & Corporate Communications
pr@mahindracomviva.com


ソース:Mahindra Comviva

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]