宮城県女川町の中学生プロジェクトマッピングに機材協力

ウシオ電機株式会社 2018年03月05日

From 共同通信PRワイヤー

2018年3月5日

ウシオ電機株式会社

宮城県女川町の中学生プロジェクションマッピングに
高輝度DLPプロジェクターや演出照明機器などを機材協力

~中学生がJR女川駅舎を「映像と音楽と照明」で演出、全国からの震災復興支援に感謝を~

ウシオ電機株式会社の100%子会社であるウシオエンターテインメントホールディングス株式会社(ウシオエンターテインメント)は、コラボ・スクール女川向学館の中学生が制作・実施するプロジェクションマッピングにおいて、高輝度DLPプロジェクターや照明演出機器などの機材協力を行います。
なお、この中学生によるプロジェクションマッピングは3月17日(土)にJR女川駅前で開催される予定です。

東日本大震災の4ヶ月後に開校し、学習支援と心のケアを進めている女川向学館では、中学生を対象に年間を通した「探究授業」をプロジェクト形式で行っており、今回のプロジェクションマッピングはその一環で行われるものです。中学生たちは映像、音楽、広報の3チームに分かれ、プロジェクションマッピングに必要なプログラム作成や地域住民への紹介など自ら準備を進めており、当日は中学生たちが描いた女川町の春夏秋冬がJR女川駅舎を彩ります。

「自分たちで映像や音楽も考えて作りました。当日は、たくさんの人に自分たちの作ったプロジェクションマッピングを楽しんでもらいたいなと思っています」 (女川向学館 中学2年生 多澤 香楓さん)

これに対しウシオエンターテインメントは、同じくウシオグループであるクリスティ・デジタル・システムズ社製の高輝度DLPプロジェクターや演出照明機器などの機材協力と技術サポートを通して中学生のチャレンジを応援するとともに、女川の新しい町づくりを応援します。

ウシオグループは企業理念の一つに「優れた製品、新しい研究開発を通じ、進んで社会に貢献すること」を掲げており、今後も国内外グループそれぞれの国や地域において、教育や文化活動支援、被災地援助など、社会の持続的成長に向けた取り組みを行ってまいります。

【開催概要】
- 女川の駅前をプロジェクションマッピングで彩ろう -

日 時 : 2018年3月17日(土) 17:45~ オープニング
          18:00~ プロジェクションマッピング    
場 所 : JR女川駅前 シーパルピア周辺
主 催 : 認定NPO法人カタリバ コラボ・スクール女川向学館
協 力 : 一般社団法人イトナブ石巻、ウシオエンターテインメントホールディングス株式会社
後 援 : 女川町教育委員会



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]