働く卒業生に教わる!社会に求められる人に成長するには? ~売り手市場で就活生は、何を学ぶべきか~

NSGグループ 2018年03月06日

From Digital PR Platform


NSGグループの新潟ビジネス専門学校では、就職活動をする心得を卒業生から直接話を聞く座談会を実施いたしました。
当校に在籍する医療秘書・事務学科・調剤薬局事務学科・歯科助手学科の1年生は、医師事務作業補助者・医療事務・調剤事務・歯科助手として働く卒業生4名から『これから社会へ出る準備をしている就活生として、何を学ぶべきか』を中心に、現場で働く卒業生の方の声を直接聞き、在学中にすべきことを再確認し就職活動への意識を一新しました。

NSGカレッジリーグ学生総合プラザSTEPにおいて開催された就職合宿では、在学する1年生の志望する分野で働いている卒業生から、経験談をお聞きする講演会を2時間設けました。講演会終了後は個別質問タイムもあります。毎年恒例となっている講演ですが、1年生にとっては机上では学ぶことのできない話が聞ける日でもあり、自分達の就職後には指導係となるかもしれない少し年上の社会人の方との対話は、とても充実した貴重な時間です。

卒業生からは「このような場に呼んでいただけて非常に光栄です。私にできることがあれば、ぜひ後輩達に自分の失敗や経験を含めて教えたいことがあります。」と積極的な返事を頂き、また講演の当日には立派に成長した姿を見ることができ、教職員にとっても楽しみの日となりました。

講演会では1年生からの質問事項をふまえ、一日の仕事の流れや仕事のやりがいについて、どのように学生時代を過ごしたかや志望就職先の選び方などを失敗談・成功談ともに教えていただきました。特に新入社員を受け入れる立場としての意見と、失敗や後悔をしてしまった時のアドバイスは説得力が大きく、学生の胸に強く響きました。

講演後の1年生からは、「今までの授業が、全て必要なことだったと再確認できた。」という感想や、「これからやるべきことを意識はしていたが、まだまだ自分の考えが甘いと気付いた。」「卒業生の方から、こんな学生に来てほしい・こんな人と一緒に働きたいという話を聞いて、自分がそれにならなければと固く決意した。」など就活に対しての意識が変わったという意見もありました。売り手市場と言われる今日ですが、より希望する就職先に近づくため、また自分の未来を考えた時には、就職できれば良いという考えではなく、自分にできることをより多く見つける必要があります。具体的にどんな行動をすべきかについては、敬語やマナー、挨拶といった社会常識の復習、そして面接でも患者様との応対でも必要となる柔らかい表情で話す練習の必要性は思っていた以上に大きいと感じた学生が多かったです。

NBC新潟ビジネス専門学校 URL: (リンク »)
所在地:新潟市中央区万代1-2-22  
代表者:学校長 渡辺敏彦

【プレスリリースに関するお問い合わせ】
教務部 田上 若菜    
TEL: 025‐241-2131
FAX: 025‐245-4367
e-mail: tanoue.wakana@nsg.gr.jp 


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]