ベテランから気鋭作家、伝統工芸から現代美術まで、多彩なジャンルの美の競演!高島屋美術部創設110年記念 「風詠抄ー譚・常・楽・浪ー」 日本橋・横浜・新宿・大阪の高島屋で開催!

株式会社高島屋 2018年03月06日

From Digital PR Platform


(リンク »)
深見陶治「孤」Ko -Sprendid Isolation- 
撮影:畠山 崇 (日本橋会場)

◇会期・会場:
【関東同時開催】2018年3月7日(水)~20日(火)  
日本橋高島屋6階美術画廊 /横浜高島屋7階美術画廊 /新宿高島屋10階美術画廊

【関西開催】2018年3月28日(水)~4月10日(火) 
大阪高島屋6階美術画廊

このたび高島屋では「風詠抄―譚・常・楽・浪―」を、美術部創設110年記念の一環として東西4店舗の美術画廊でそれぞれ開催いたします。

高島屋美術部は110年の歩みの中で、百貨店内にある画廊として広く一般大衆に向けて質の高い美術作品や作家を紹介するため、数々の展覧会を開催してまいりました。一方、襖や屏風、掛け軸、工芸品など、日本の美術は室内装飾や実用品としてくらしの中で生まれ溶け込み、またくらしや文化とともに発展してきました。
高島屋は日常の文化に寄り添い、人々の生活を豊かにする企業として、そうしたくらしの中で美術に親しんでいただくことを大切に思い活動をしてまいりました。

その中で現在、特に今世紀に入ってからのIT革命に端を発した止まることを知らない高度な情報化やグローバリズムなどの進展による価値観の劇的な変化と多様化の波は、百貨店の画廊をとりまく美術市場にも大きな影響を与えています。
私たちは時代が移り変わり、社会が変化し多様化しても、そこを貫く普遍的な美の価値が存在すると信じ、今回はベテランから気鋭作家、伝統工芸から現代美術まで多様なジ
ャンルの優れた表現者の皆様の出品協力を得て、高島屋が考える現代の美の空間をご提案させていただきます。

地域ごとの高島屋美術画廊の個性を表現し、東京日本橋店、横浜店、新宿店は各々「譚」「常」「楽」のテーマで2週間の同時期開催、大阪店は「浪」をテーマにやはり2週間の開催となります。
譚:美は言葉にできない事象を語り、常:身近にある永遠の美を求め、楽:苦難の先にある美を楽しみ、
浪=美の波に身をゆだねる・・・風詠:時代の風を読み、美を通して人生の詩情を詠む。
伝統と現代、平面と立体、素材や技法、多彩な作品が相対峙し、融合することで奏でる空間の妙。
今展にて皆様それぞれの美を見いだしていただければ幸いです。

●東京日本橋
風詠抄―譚(TAN)…真実不在のこの時代に、作品から発信される物語。
・会期/会場:3月7日(水)~20日(火)/日本橋高島屋6階美術画廊   
(リンク »)
宮崎 進「泥土」                                  

<出品依頼作家芳名(敬称略・50音順)>
井川  健(漆芸) 伊庭 靖子(絵画) オノデラユキ(写真) 林 茂樹(立体) 
深見 陶治(陶芸) 福本 潮子(染色) 三島 喜美代(立体) 宮崎 進(絵画)
※井上 有一(書)※は故人
     

●横浜
 風詠抄―常(JYO)…美は常に身近にあり、永遠の問いかけを発する。
・会期/会場:3月7日(水)~20日(火)/横浜高島屋7階美術画廊
(リンク »)
留守 玲「蒼のあいづち」

<出品依頼作家芳名(敬称略・50音順)>
浅井 裕介(絵画) 安藤 和夫(木工) 内田 あぐり(絵画) 佃 眞吾(木工) 
前原 冬樹(彫刻) ミヤケマイ(平面) 留守  玲(金工) 王 舒野(絵画)
 
                  
●新宿
風詠抄―楽(RAKU)…様々な苦を経て、その先にある美の楽しさ。
・会期/会場:3月7日(水)~20日(火)/新宿高島屋10階美術画廊
(リンク »)
天野喜孝「ぷにゅ」

<出品依頼作家芳名(敬称略・50音順)>
天野 喜孝(絵画) 井上 裕起(立体) 瀧下 和之(絵画) 永島 千裕(絵画) 
花井 祐介(絵画) 松岡ミチヒロ(立体) 
                                                                        
●大阪                                      
詠抄―浪(ROU)…時代の波の中で美術が生まれ育ち、またその作品が作り出す新たな潮流。
・会期/会場:3月28日(水)~4月10日(火)/大阪高島屋6階美術画廊
(リンク »)
森村泰昌「なにものかへのレクイエム(遠い夢/チェ)」©morimura yasumasa

<出品依頼作家芳名(敬称略・50音順)>
押江千衣子(絵画) 木野 智史(陶芸) 田嶋 悦子(陶芸) 増田 敏也(立体) 三瀬夏之介(絵画) 森村 泰昌(写真) 八木  明(陶芸)  
※館 勝生(絵画) ※元永 定正(絵画) ※は故人
             
                                   
【お問合せ】 
日本橋高島屋 (03)3211-4111(代表)、横浜高島屋 (045)311-5111(代表)、
新宿高島屋 (03)5361-1111(代表)、大阪高島屋 (06)6631-1101(代表)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。