JSecurity、ランサムウェア対策ソフト「AppCheck」 に新機能を追加!

株式会社JSecurity 2018年03月08日

From DreamNews

株式会社JSecurityは、ランサムウェア対策ソフト「AppCheck」(アップチェック)の防御機能として未知・既知の脆弱性を突く攻撃からPCを守る「エクスプロイトガード機能」を2018年3月8日より追加することをお知らせします。

AppCheckは従来のシグネチャ方式や振る舞い検知方式では検出することが難しかった未知のランサムウェアによるファイル変更などの攻撃を、状況認識技術によりリアルタイムに検出し遮断します。
この度追加した新機能「エクスプロイトガード」は、Webブラウザやマイクロソフトオフィスのほか、各種プラグインなどのアプリケーションの脆弱性を突く、悪意のある攻撃からPCを保護します。
アプリケーションの脆弱性は既知・未知を問わず対応しますので、例えば、パッチの適用がリアルタイムでできないPCや、パッチ適用の確認が不十分なPCを、アプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃から防御することができます。

製品紹介URL: (リンク »)

〈本件に関するお問い合わせ先〉
株式会社JSecurity
Tel: 03-5155-1915  Fax: 03-5155-1916
E-mail:sales@jsecurity.jp
URL: (リンク »)

※会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。