快適性を追及したフィッシングクルーザー「EX34」を発売

ヤンマー株式会社 2018年03月14日

From 共同通信PRワイヤー

2018/03/08

ヤンマー株式会社

快適性を追及したフィッシングクルーザー「EX34」を発売

【画像: (リンク ») 】
<フィッシングクルーザー「EX34」>

ヤンマー舶用システム株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:吉村仁)は、乗り心地と快適な走りを追求したフィッシングクルーザー「EX34」を3月8日より発売します。
「EX34」は「次世代フィッシングクルーザー」を開発コンセプトに、新型のハル構造や新素材の採用、高出力・低燃費の新型電子制御ディーゼルエンジンを搭載し、爽快でスムーズなクルージングと充実した釣り機能の両立を実現しています。

■「EX34」について
商品仕様:
【画像: (リンク ») 】
発売日:2018年3月8日 
販売計画:2022年度までの5年間累計で100隻を目標
主な特長:
(1)乗り心地を追求した船型とハル構造を採用
新たな船首デザインを採用することにより、35フィート並の水線長を持ち、高い保針性・凌波性・高速走行性を確保しています。また、ハルの一部に当社の量産艇では初採用となるバキュームインフュージョン成形法を用いています。走行中に波が当たる部分の剛性を高めることで、波の衝撃を吸収しキャビン内での上質な乗り心地を実現します。

【画像: (リンク ») 】
<新型ハル構造>

(2)高出力・低燃費を実現した電子制御コモンレールエンジンを搭載
440馬力の高出力・低燃費を実現した電子制御コモンレールエンジン「6LY440J」を国内で初搭載しました。クリーンな排気と静音性の両立に加え、650リッターの大型燃料タンクを採用したことで、ロングクルージングも可能です。また、エンジンルームには、振動を低減するエンジン防振支持とキャビン床防音構造を採用した他、排気消音器の標準装備により低騒音を実現しました。

【画像: (リンク ») 】
<「6LY440J」>



(3)シリーズ最大級のキャビンスペースでくつろげる空間を演出
メインキャビンはゆとりあるキャビン空間を確保し、ドライバーズシートとナビゲーターシートに肘掛ダンパー機能をつけることで快適性を向上させました。また、内装の質感にもこだわり、長時間にわたる航行でも心地よい時間が過ごせる空間を実現しました。
【画像: (リンク ») 】
<キャビンスペース>

(4)360°見渡すことができるフライングブリッジ
フライングブリッジには、雨風をしのげるハードトップタイプを採用。ワイパー、ウォッシャーの標準装備に加え、航海計器(9インチ)と無線の設置スペースを確保しています。3名が着席できるスペースを設けたことに加え、オプションでL型シートへのアレンジにも対応し、仲間とともに開放感ある航行を楽しむ機能を充実させました。

【画像: (リンク ») 】
<フライングブリッジ>

EX34紹介映像
【動画: (リンク ») 】

<ヤンマーについて>
1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933 年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功しました。以来、産業用ディーゼルエンジンを事業の柱とし、さまざまな市場へ商品・サービス・ノウハウを融合したトータルソリューションを提供する総合産業機械メーカーです。小型エンジン、大型エンジン、農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、マリン、工作機械・コンポーネントの7事業を有し、グローバルにビジネスを展開しています。
「わたしたちは自然と共生し、生命の根幹を担う食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決し、未来につながる社会とより豊かな暮らしを実現します」をミッションステートメントに掲げ、世界の「都市」「大地」「海」の事業フィールドで、資源循環型社会“A SUSTAINABLE FUTURE”実現への貢献を目指しています。
詳しくは、ヤンマー株式会社ウェブサイト  (リンク ») をご覧ください。

<注記>
ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。