Supermicroが最新の25G Ehternetサーバー&ストレージ・ソリューションで100Gネットワーキングへの道を開く

Super Micro Computer, Inc.(スーパーマイクロ・コンピュータ) 2018年03月09日

From 共同通信PRワイヤー

Supermicroが最新の25G Ehternetサーバー&ストレージ・ソリューションで100Gネットワーキングへの道を開く

AsiaNet 72587 (0435)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2018年3月8日PR Newswire=共同通信JBN】
*2.5倍速い性能、100%向上した価格対性能、下位互換性、さらに100Gへのアップグレードの将来保証を完備する最新の25Gシステムは、現代のアジャイル・データセンターにクラス最高のTCOを提供

エンタープライズコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングソリューション、グリーンコンピューティング・テクノロジーのグローバルリーダーであるSuper Micro Computer, Inc.(スーパーマイクロ・コンピュータ、NASDAQ: SMCI)は、堅ろうなネットワーク・インターフェースカード(NIC)とトップ・オブ・ラック(ToR)スイッチ・ソリューションによって、25G Ethernetネットワーク・テクノロジーに向けたサーバーおよびストレージ業界の迅速な移行を推進している。

Photo - (リンク »)

メモリー、プロセッサー、ストレージの性能向上に伴い、当然ながら次にネットワーク容量の拡大の必要性が生じる。システム性能の向上が伴った25G Ethernetは、エンタープライズが新しい製品・サービスを市場により迅速に提供することに役立つ。これらのイノベーションは、10Gよりも2.5倍速いシングルレーン・ネットワークによって、すべてがほとんど同じ価格でありながら、よりスマートなマシン、より大きな容量のビッグデータをサポートする。業界アナリストによると、25Gは向こう1年ないしは2年で3倍の量になる。

Supermicroのチャールズ・リアン社長兼最高経営責任者(CEO)は「今こそが10Gから25Gネットワークに移行すべき時であり、その移行は極めて速く進行している。自動運転の自動車、AI、機械学習、ビッグデータ、NVMe-over-Fabric(NVMe-oF)はすべて、システム性能を限界まで押し上げるために、より大きなネットワーク帯域への必要性を高めている。より高い性能、より優れたスケーラビリティー、さらに100ギガビットEthernetネットワークへのより容易かつ明確なアップグレード経路によって、顧客はネットワークを25Gにアップグレードし、極めて大きな帯域を必要とするアプリケーションのニーズに応えるためにネットワーク・スループットを向上させている」と語った。

Supermicroは幅広い25G NICソリューションを提供し、25G Ethernetネットワーキングソリューションを装備することによって、ほぼすべてのSupermicroシステムの将来保証を支援する。すべてのSupermicroの25G製品はデュアルスピードであり、10Gあるいは25Gで動作する。これは、10Gから25Gネットワーク・インフラストラクチャーへの移行に着手した企業にとって、優れた投資保護を提供する。顧客は直ちにこれらのシステムをインストールし、既存のインフラストラクチャーと相互接続することができる。25Gにアップグレードする時が来れば、コンフィギュレーションをアップグレードするだけで済み、中断を伴い費用がかかるハードウエア交換の必要はない。

ToRスイッチを25Gにアップグレードする準備が整った顧客に対して、Supermicroは主力の100Gスイッチと最新の25Gスイッチの両方を提供する。SSE-C3632Sは100Gスイッチの1つであり、32ポートを4つに分け、それぞれを設定して25Gの最大128コネクションをサポートできる。あるいは、最新のSSE-F3548Sは25Gの48ポート、100Gの6基のアップリンクという極めてコスト競争力があるオプションを提供し、このアップリンクは4つに分けられ、25Gの72コネクションをサポートできる。

SupermicroはX11 SuperBlade(R)によって25Gスイッチ(SBM-25G-100)も提供する。このスイッチは、8U SuperBladeエンクロージャー(SBE-820J)ないしは6U SuperBladeエンクロージャー(SBE-610J)で使用可能であり、20の25Gダウンリンク・コネクションに加え、各ポートが40Gないしは100Gアップリンク・コネクションに設定可能な4基のQSFP28ポートを搭載する。分割ケーブルを使用し、個々の40Gポートを4つの10Gポートに分割するか、100Gポートを4つの25Gポートに分割することができる。標準的な25GToRのように、このブレードスイッチはオートネゴシエーション可能であり、10Gネットワーキングとの互換性があり、既存のデータセンター・インフラストラクチャーを将来25Gにアップグレードするための明確な経路を顧客に提供する。ブレードネットワーキング管理インターフェースであるMBM-GEM-004に精通している顧客は、最新の25Gスイッチを搭載する同類のGUI/CLIインターフェースを使用することで恩恵を受ける。さらに、これは今日のデータセンターおよびクラウド・インフラストラクチャー環境に必要とされる最新のネットワーキング・プロトコルもサポートする。ブレードサーバーとインターフェースをとる25GメザニンカードはRDMA/RoCE、DPDK、パケットペーシング、フローステアリング、Ethernetオフロードをサポートする。

25G Ethernetは多数のさまざまなアプリケーションの生産性を向上させる。例えば、ウェブ中心ないしはeコマースのビジネスモデルは、より大きなネットワーク帯域を常に必要とする。同様に、高性能コンピューティング(HPC)、分散アプリケーション、クラスタード・データベースも高速ネットワークを必要とする。さらに、NVMe-over-Fabric(NVMe-oF)はより大きなNIC、バックボーン・ネットワークスピードを必要とする。Supermicroの多数の25Gソリューションは、これらのアプリケーションを効果的にサポートすることができる。

Supermicroの25G NIC およびスイッチ製品に関する詳細な情報は (リンク ») を参照。

Supermicroの最新ニュースおよび発表を受け取るには、Facebook( (リンク ») )、Twitter( (リンク ») )でフォローを。

▽Super Micro Computer Inc.(NASDAQ: SMCI)について
Supermicro(R)(NASDAQ: SMCI)は高性能・高効率のサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであり、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向けの高性能Server Building Block Solutions(R)の第一級プロバイダーである。Supermicroは「We Keep IT Green(R)」(われわれはITをグリーンに保つ)イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で入手可能な中でエネルギー効率が最も高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供している。

Supermicro、SuperServer、Server Building Block Solutions、SuperBlade、We Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc.の商標ないし登録商標またはその両方である。

その他のブランド、名前、商標はそれぞれの所有者の財産である。

ソース:Super Micro Computer, Inc.

▽問い合わせ先
Michael Kalodrich
Super Micro Computer, Inc.,
michaelkalodrich@supermicro.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]