Berkeley Research Groupが一橋ICSと戦略的コラボレーション

Berkeley Research Group 2018年03月09日

From 共同通信PRワイヤー

Berkeley Research Groupが一橋ICSと戦略的コラボレーション

AsiaNet 72608 (0436)

【エメリービル(米カリフォルニア州)2018年3月9日PR Newswire=共同通信JBN】グローバルな戦略的アドバイザリー・専門家コンサルティング会社Berkeley Research Group(BRG)は一橋大学大学院国際企業戦略研究科(一橋ICS)と戦略的コラボレーションを開始すると発表した。BRGは香港、ムンバイ、シンガポール、北京、東京にオフィスを構え、アジア太平洋地域で強力なプレゼンスを持つ。一橋大学は1875年の創立で、有名な一橋ICSグローバルMBAプログラムを提供している。一橋ICSが提供する世界レベルのカリキュラムは世界中のビジネス教育におけるベスト・プラクティスを組み合わせたもので、特に日本および世界とアジア経済の中における日本の役割に焦点を当てている。

BRGと一橋ICSはともに顧客および学生に激変する世界のビジネス環境の中で成功するための知見、ツールを与えることを目的とする先端的な組織である。BRG会長兼共同創立者デービッド・ティース氏( (リンク ») )は「今回のコラボレーションは現在または未来の業界リーダーである顧客の知見能力を最大化することによって革新と世界の流れの一歩先を行くことを重視する2つの団体にとって自然な結びつきである」と述べた。

一橋ICS研究科長一條和生氏は「BRGと一橋は、ともにナレッジマネジメント分野における権威として知られるデービッド・ティース氏と一橋大学名誉教授野中郁次郎氏の何十年にもわたる個人的な友情関係を通じて、今までも非公式なパートナーだった。この関係を次のレベルに進めるための手助けができることを喜んでいる。両者間の知識共有から生まれる相乗効果は一橋大学の学生、卒業生のみならず、日本企業の広範な取り組みの役に立つだろう」と述べた。

BRG Japan代表で、BRGディレクターのラリー・フタ氏( (リンク ») )は「今回の一橋ICSおよび一條研究科長とのコラボレーションにより、当社の日本および世界の顧客とステークホルダーに対する専門サポートの提供がさらに強化される。一條研究科長と氏のチームが一橋ICSで構築している世界クラスのプログラムに協力する機会に大変喜んでいる」と述べた。

▽Berkeley Research Group, LLCについて
Berkeley Research Group, LLC(www.thinkbrg.com)は、世界中のフォーチュン500企業、金融機関、政府機関、大手法律事務所、規制機関に対して独立した助言、データ分析、権威ある研究、専門家証言、調査、規制と紛争のコンサルティングを提供する世界有数の戦略的アドバイザリーおよび専門家コンサルティング会社である。BRGの専門家とコンサルタントは知的厳密性を実践的かつ現実世界の経験と業界および市場に関する深い理解に結び付ける。その専門知識は、ヘルスケア、バンキング、情報技術、エネルギー、建設、不動産など経済の主要部門における経済学とファイナンス、データ分析と統計、公共政策に幅広く及んでいる。BRGは米カリフォルニア州エメリービルに本社を構え、米国各地、アジア、オーストラリア、カナダ、中南米、中東、英国にオフィスを置いている。

ソース: Berkeley Research Group

▽問い合わせ先
Laura Miller, lmiller@greentarget.com, +1.312.252.4104

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。