IDTechExが有毒物質の代替に関する独自の市場リポートをリリース

IDTechEx 2018年03月09日

From 共同通信PRワイヤー

IDTechExが有毒物質の代替に関する独自の市場リポートをリリース

AsiaNet 72605 (0446)

【ボストン2018年3月9日PR Newswire=共同通信JBN】タバコの煙、ディーゼル排ガス、アスベスト、その他死因につながる物質を再導入する最新の電子機器や電気機器が氾濫している。これらの機器の一部は年間で何十億も販売されているものの、これらの毒素の毒性、形態、有病の残留物からの差し迫った脅威に関する全体像は追跡されてこなかった。中度の毒性があれば少量でも、それが年間で何百万が広範囲に分散し、廃棄物が放置されれば脅威となる。小粒子は反応が早く、浸透性があり、研究者はその他物質の毒性を拡大しかねないとみている。少量でも大きな危険性があるのか。独自に、IDTechExの新しいリポート「Toxic Materials and Alternatives in Electronics/ Electrics 2018-2028(エレクトロニクス/エレクトリックの毒性物質とその代替)」( (リンク ») )は、このすべてを考察している。このリポートは、2018-2028年のエレクトロニクスおよびエレクトリックに導入される「懸念される毒素」のタイムラインを示し、現時点で分散した毒素と新しい機器で研究されている毒素を分析している。

Logo: (リンク »)
Photo: (リンク »)

このリポート( (リンク ») )は、十分な注目と資金を受けていない代替物質につながる代替物質と研究を明らかにしている。リポートは、その分析およびその他の入念な観察に基づき、製造、使用、悪用、処分などのバリューチェーン全体のリスクとニーズを考慮に入れた慎重な方法で、特定の物質を禁止する期日を提言している。

IDTechEx( (リンク ») )のラグー・ダス最高経営責任者(CEO)は「有毒なカドミウムはディスプレーの量子ドットやテルル化カドミウム太陽光発電の大量販売によって日常生活に再導入されている。ディスプレーのカドミウムは2019年から世界中ではないが欧州で禁止され、その代替物は鉛ベースの量子ドットである。有毒な鉛は今年、発電するペロブスカイト・ウインドーの初の商用化で再登場するが、圧電性はおそらく安全である。一部の研究者はカドミウム、鉛、ヒ素、さらに大量のオーガニックおよび非オーガニック毒素の機器を準備しているが、称賛に値するのは、例えば他の研究者が新しいペロブスカイト太陽光発電の鉛や、スクッテルダイト熱発電のその他の有毒物質を取り換えようと努力していことである。われわれは、電力を自前で作り出す車両の素晴らしいグリーンな世界を探求しており、これを達成するために安全性が明確なガリウム・ヒ素・太陽光の車体利用を詳述している。このような陸上車両、船舶、航空機が2034年に年間百万台単位で販売されれば、計画された廃棄は可能であろう。われわれはあまり知られていない多くを明らかにし、販売できるより安全な代替物質ないしはエレクトリックの研究における代替物質を提示し、これらの優先順位を推奨している。例えば、疑似コンデンサーないしはDSSC太陽光発電で有毒なルテニウムの必要性がなくなる。ベリリウムや水銀と決別できる。われわれは手ごろな代替物質が見えない市場におけるギャップを詳述している。実業家にとって大きなチャンスがある。

詳細はウェブサイト (リンク ») を参照。

▽問い合わせ先
Charlotte Hibbert
Marketing & Research Co-ordinator
c.hibbert@IDTechEx.com

ソース:IDTechEx

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]