Vuzixは東芝クライアントソリューション向けWindowsベースのスマートグラスの量産を開始いたしました。

Vuzix Corporation 2018年03月13日

From ValuePress!

2018年4月13日に東京赤坂にて開催する第10回ビュージックスディベロッパーカンファレンスでもご体験していただける予定です。入場無料ですが事前申し込みが必要になるのでホームページにてお申し込み下さい。

エンタープライズとコンシューマー向けにスマートグラス、AR(拡張現実感)、VR(バーチャルリアリティ)技術のリーディングサプライヤーであるVuzix Corporation (ビュージックス コーポレーション、Nasdaq: VUZI、東京支店長:藤井 慶一郎)は、Windowsベースのスマートグラスの量産を開始いたしました。


Vuzixは2017年2月に東芝クライアントソリューション株式会社(以下TCS)と開発契約を締結し、M300スマートグラスの派生商品であるTCS向けにカスタマイズされたWindowsベースでUSB-C対応のスマートグラスを開発いたしました。  

共同ブランドのインテリジェントビューアAR100 “Powered by Vuzix” はモバイルエッジコンピューティングデバイスのdynaEdge DE100とUSBタイプCケーブルにて接続することができ、ホルスターを利用してベルトなどに装着することも可能です。

商品やソリューションの詳細は下記をご覧下さい。


(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]