PlotaverseがFacebookのトップ10アプリ入り

Plotaverse 2018年03月15日

From 共同通信PRワイヤー

PlotaverseがFacebookのトップ10アプリ入り

AsiaNet 72682 (0476)

【サンタバーバラ(米カリフォルニア州)2018年3月15日PR Newswire=共同通信JBN】Plotaverseは、恐ろしくコストのかかるコンテンツ・クリエーション・プロセスなしに見事な広告をつくためにFacebookがお薦めする、10の答えの1つに選ばれた。名だたる大物アプリを飛び越えて、この若い新興企業のiOSアプリは、Facebookのモバイルアプリ・トップ10リスト入りした( (リンク ») )。このフォトアプリの際立ったアニメーション機能は、いかなるレベルのビジネスにおいても、インパクトのある広告( (リンク ») ) を、速く、予算内でつくることができる。しかし、Plotaverseの誕生8カ月のモバイルアプリは、いかにしてビジュアル広告( (リンク ») )に乱入し、Facebookだけで1日に80憶回というビデオビューに立ち向かっていったのか。

Video - (リンク »)
Photo - (リンク »)
Logo - (リンク »)

かつてPlotagraphという名で知られていたPlotaverseで画像に命を吹き込むと、その魅力に目が離せなくなる。このアプリは、どんな1枚の静止画像にでも、数あるメディア・フィードの中から強引に抜け出し、誰も目にしたことがないような動きを付けられる。コカ・コーラ ( (リンク ») )、ウエラ、シボレー、レッドブルといったブランドは、人の心をとらえるPlotagraphによってブランドイメージを上げていることが知られている。写真をPlotagraphにするのにビデオ、多重写真、ビデオの編集スキルは必要ない。どのようなスキルレベルのユーザーでも、ユニークな動きをする画像をつくって、ビジネスやソーシャル・ページに掲載できる。InstagramとFacebookでは、Plotagraphの使用で、ビューと参加数が周辺の画像より最大5倍アップすることが実証されている ( (リンク ») )。

WordStreamによると、Facebook上の450万のビジネスページが毎日、13億2000万の日常的なアクティブ・ユーザーに切り込もうと努力している。予想通り、アドビの代表的ソフト、Photoshop ExpressとSpark Postは、Facebookの画像編集アプリ・リストのトップに挙げられている。しかし、小さな新興企業のフォト・アニメーション・アプリが意外にも、コンテンツ産業グループの先頭に立ち、企業が見事な広告をつくり、楽しく、費用効率の高い方法でブランドの認知度を上げるのを支援しているのだ。

破壊力ある広告づくりをスタートさせるには、App StoreのPlotaverse ( (リンク ») )まで。

ソース:Plotaverse



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]