電通デジタルとトライベック、「デジタルエクスペリエンス診断」サービスを提供開始

株式会社電通デジタル 2018年03月19日

From 共同通信PRワイヤー

2018年3月19日

株式会社電通デジタル
トライベック・ストラテジー株式会社

電通デジタルとトライベック、「デジタルエクスペリエンス診断」サービスを提供開始
―デジタル上で提供しているユーザーエクスペリエンスをスコアで判定する新評価指標―

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:山口 修治 以下「電通デジタル」)は、デジタルマーケティング支援を行うトライベック・ストラテジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:後藤 洋 以下「トライベック」)と、デジタルマーケティングの取り組み状況をスコアで判断し、課題や強化ポイントを可視化する新評価指標「デジタルエクスペリエンス診断」を共同開発し、本日よりサービス提供を開始します。

近年、マーケティングやコミュニケーション領域において、デジタルトランスフォーメーションを推進する企業が増え、デジタル上の顧客接点(コンタクト・ポイント)も多岐にわたるようになりました。企業が管理・運営するWebサイトやSNSなどの公式アカウントも増加の一途をたどる中、全体像が不明確になり、「何がうまくいって、何がうまくいっていないのか」といった良し悪しを判断しづらくなっているという悩みも企業担当者から多く聞かれます。
そのような背景から、デジタルマーケティングの全ての領域において包括的なコンサルティングを行っている電通デジタルと、ユーザビリティ診断をはじめコミュニケーション課題を可視化するための様々な調査・診断プログラムを保有しているトライベックの知見を活かし、本サービスの共同開発にいたりました。

本サービスでは、両社の知見からデジタルマーケティングにおけるUX(ユーザーエクスペリエンス)要件を体系化し、5つの評価軸によってスコア判定します。全55項目に及ぶチェックにより、総合スコアとして100点満点でスコアリングされるだけでなく、評価軸ごとのスコアも算出されるため、優れている点や劣っている点が一目瞭然となります。また、ベンチマークする競合サイトに同様の診断を実施することで、競合との相対的な比較・分析や、他社の取り組み状況の把握などが可能となります。

電通デジタルとトライベックは、昨年8月にECサイトの評価指標として「ECサイト診断」サービスを提供するなど、両社の知見を活かした診断サービスを開発・提供しています。両社は今後も、新たなサービス提供を進め、企業のデジタルマーケティング課題の解決を支援します。


<新サービスの概要>
「デジタルエクスペリエンス診断」は、次の5つの評価軸によってスコア判定します。
① (A)機会創出  ・・・ユーザーのアクセス機会を増やすとともに、検討層への態度変容を促すことができるか
② (B)セールス  ・・・商品(サービス)は探しやすく、特長・魅力が伝わるプレゼンテーションがされているか、オンライン・オフラインの行動促進が図れているか
③ (C)顧客満足度 ・・・顧客と継続的なコミュニケーションを図るための取り組みは図れているか
④ (D)サポート  ・・・ユーザーの疑問や不安を素早く解消し、安心して利用できるか
⑤ (E)ブランド  ・・・コンタクト・ポイントごとにブランドイメージが統一されているか、企業のブランディング強化を図る取り組みはされているか

【画像: (リンク ») 】

<トライベック・ストラテジー会社概要>
会社名 :トライベック・ストラテジー株式会社
所在地 :東京都港区赤坂7丁目1番1号 青山安田ビル3階
代表者 :代表取締役社長 後藤 洋
設立  :2001年9月4日
資本金 :1億500万円
事業内容:デジタルマーケティング支援事業、マーケティングプラットフォーム事業
URL : (リンク »)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。