国産さくら蜂蜜から作った蜂蜜酒 「はちみつのお酒 桜花」発売

株式会社金市商店 2018年03月19日

From 共同通信PRワイヤー

2018年3月19日

株式会社金市商店

株式会社金市商店(本社:京都市中京区三条通富小路西入中之町21)は、 昨年発売の「京都ミード 蜜酒」、「はちみつのお酒 蜜月」に続く、3番目のオリジナル蜂蜜酒「はちみつのお酒 桜花」を3月24日(土)に発売いたします。製造元は前回と同じ京都の酒造会社の城陽酒造株式会社(本社:京都府城陽市奈島久保野34-1)。国産さくら蜂蜜と水、酵母だけを使った蜂蜜酒で、さくら蜂蜜のやさしい香りが特徴の春らしいアイテムです。


○蜂蜜酒(ミード)とは
はちみつに酵母と水だけを加え、発酵させた醸造酒。ヨーロッパなどでは古くから親しまれ、日本でも愛好者が増えている。はちみつらしい甘い味わいが特徴で、アルコール度数は10~14%程度。ハネムーンの語源にもなったといわれている。

○京都ミードプロジェクト
京都産のはちみつを用いて、京都の蜂蜜販売店、酒造メーカーが京都の大学とともにオリジナルの京都産ミードを製造、販売するプロジェクト。2017年11月には「京都ミード 蜜酒」を発売し、オリジナルミードは「はちみつのお酒 桜花」で3作目。クラウドファンディングサイトmakuakeでは、4作目の「ミードヌーボー2018春」のプロジェクト( (リンク ») )を始動させており、開始から14時間で50万円の支援を達成している。
【画像: (リンク ») 】
○主要メンバー
株式会社金市商店(商品企画、原料の仕入、商品の販売)、城陽酒造株式会社(商品開発及び製造)、
京都学園大学バイオ環境学部食農学科発酵醸造学研究室 篠田 吉史准教授(レシピ開発及び発酵の実測データ収集)



【商品情報】
「はちみつのお酒 桜花」 アルコール:12%
原料のはちみつに国産さくら蜂蜜を使用。さくら蜂蜜特有のやさしい花の香りがかすかに残る、女性に人気の味わい。香りを楽しむためストレートでの飲み方がおすすめ。

250ml/2,160円(税込)数量限定商品 
【画像: (リンク ») 】

【特徴】
(1)国産のさくら蜂蜜を100%使用
原材料のはちみつは国産さくら蜂蜜のみを使用。やさしい香りが特徴の人気の蜂蜜です。
(2)口当たりのよい甘みで、かすかに残る花の香りが特徴
口に入れると広がる蜂蜜のやさしい甘みと、かすかに残る花の香りが特徴のため、ストレートでの飲み方がおすすめ。
(3)人工甘味料・着色料・香料無添加
甘味は蜂蜜のみとし、素材を活かすために甘みとアルコールのバランスにこだわった製法。
着色料・香料も使用しておらず、素材本来の自然な色と香り。



【会社概要】

・社名/株式会社金市商店  資本金/1000万円 代表者:代表取締役社長/市川 拓三郎
所在地/〒604-8083京都市中京区三条通富小路西入中之町21
電話: 075-221-6639 FAX/075-221-3879  email/takusaburo@miel-mie.com
URL/ (リンク »)

・社名/城陽酒造株式会社  資本金/2000万円 代表者:代表取締役/島本 稔大
所在地/〒610-0116 京都府城陽市奈島久保野34‐1
電話/0774-52-0003  FAX/0774-55-5552  email/info@joyo-shuzo.co.jp
URL/ (リンク »)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。