介護施設の接遇レベルを数値化する「接遇診断サービス」対象エリアを全国に拡大

株式会社ツクイスタッフ 2018年03月20日

From 共同通信PRワイヤー

2018年3月20日

株式会社ツクイスタッフ

介護施設の接遇レベルを数値化する「接遇診断サービス」
対象エリアを全国に拡大

介護業界を中心に派遣事業・研修事業を手掛ける株式会社ツクイスタッフ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:三宅 篤彦)は2018年4月より介護施設の接遇レベルを数値化する「接遇診断サービス」の対象エリアを関東圏から全国へ拡大いたします。

ツクイスタッフ 研修プラス (リンク »)

《背景》
介護業界では接遇に対するクレームが一般のサービス業と比べると少なく、そのため接遇への取り組み意識がまだまだ低く、利用者に対する言葉遣い一つを取っても俗にいう「タメ口」を使う職員も少なからず存在します。

しかしながら競争激化による差別化や、利用者の権利意識の高まりに対応するために、他のサービス業と同様に接遇レベルの改善に取り組む介護事業者は年々増えてきています。

そうした中で接遇研修のご依頼をいただくお客様から「今の接遇レベルを可視化したい」との声を数多くいただき「介護事業者向け接遇診断サービス」を開発しました。

「介護事業者向け接遇診断サービス」は2016年より関東圏の介護施設やグループ企業である株式会社ツクイで実施。この度介護事業者からのニーズの高まりを背景に、対象エリアを全国へと拡大いたします。

《接遇診断サービスの概要》
「接遇診断サービス」は、5つの診断カテゴリに分類した項目をそれぞれ診断し数値化することで、相対的な評価ができるサービスです。現状把握や改善点が明確になるため、必要に応じた研修をご提案することも可能です。診断には、診断員が施設に伺い職員の対応や施設の環境等を診断する「訪問診断」と、電話での対応を診断する「電話診断」の2つがあります。
定期的な診断により改善成果を数値で可視化できるため、リピートでの依頼も大変増えています。

接遇診断サービスのデータを元に更に研修やサービスの開発を行い、介護業界の接遇レベルの向上に貢献してまいります。

ツクイスタッフ 研修プラス (リンク »)

【画像: (リンク ») 】
《評価の基準となる5つのカテゴリ》

□直接対応「話し方」
様々な来訪者などに対する気づき、あいさつ、歓迎する姿勢を評価

□直接対応「聞き方」
表情や頷き、返事や質問、介護施設で重要な利用者さんへの相づちなど聴く姿勢を評価

□間接対応
職員の話しかけやすさ、身だしなみ。職員間の連携などを評価

□来客対応
様々な相手と話す時の言葉づかい、速さ、表現力を評価

□環境設備
施設内の情報管理や、私語。各所の清掃状況を評価

【画像: (リンク ») 】



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。