業界初!デパ地下・駅ナカ小売店舗の業務を変革させる! 売上・利益アップ支援システム「StoreForward」を2018年3月22日より提供~勘と経験、度胸ではなく、データドリブンな店づくり・接客を~

FutureOne株式会社 2018年03月22日

From DreamNews

ERP・基幹業務システムなどITソリューションで中堅・中小企業の企業価値の向上を実現させるFutureOne株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:櫻田 浩)が、2018年3月22日より、デパ地下・駅ナカ小売店舗売上・利益アップを支援する新システム「StoreForward(+StoreChecker)」の提供を開始します。





デパ地下・駅ナカ小売店舗の課題
生活者が取得できる情報量は増え、価値観は多様化しており、従来の小売スタイルでは、生活者のニーズに十分に応えられず、選ばれなくなってしまいます。小売店舗が、生活者のニーズを捉え、差別化を図るためには、客層・季節・イベント・シーンに合わせた「提案型・問題解決型小売業の展開」が不可欠です。
一方、「提案型・問題解決型小売業の展開」が必要であると認識していても、実際に行動に移せないのが、デパ地下・駅ナカの小売店舗です。なぜなら、デパ地下・駅ナカなどの「ショップ・イン・ショップ形態の店舗」では、毎日の売上を百貨店などが一度預かり、毎月の売上から出店・共益費を引いた分が翌月に送金されるケースも珍しくなく、日々の店舗活動情報である「どの商品が」「どのような客層に」「いつ」「どれだけ」売れたのか、もしくは売れ残ったのか、廃棄処分したのか、といった単品管理の情報が得られないからです。つまり、「提案型・問題解決型小売業の展開」のために、データドリブンな店づくり・接客したくても、そもそも必要なデータがない、取得できないといった事態が起こっているのです。


上記の課題を解決し、デパ地下・駅ナカであっても、「提案型・問題解決型小売業の展開」に必用な「仮説-検証による変化対応力の強化と店舗業務の変革」を支援する仕組みとして、新システム「StoreForward(+StoreChecker)」を提供します。


StoreForwardコンセプト
「StoreForward」は、小売店舗に特化した「売上・利益アップ支援システム」です。一般的なDWH・BIとは異なり、「忙しいSV・店長でも」「データから店舗の課題を直感的に確認でき、すぐに『仮説-検証』に基づくアクションを行える」ようになるための様々な特長を備えています。
さらに、StoreForward専用POS端末である「StoreChecker」を導入することで、独自POSを導入できないデパ地下・駅ナカなどの小売店舗であっても、データドリブンな店づくり・接客を行え、変化対応力の強化と店舗業務の変革が可能になります。そして、「提案型・問題解決型小売ができる店舗(Store)」の展開を「推し進め(Forward)」、売上・利益の更なる拡大に貢献します!



【StoreForward特長】
(1)厳選された分析結果を視覚的に表示

(2)2(ツー)クリックで情報へ

(3)指標(KPI)の標準化で、店舗-本部・店舗同士の情報活用を促進
各種の指標(KPI)を標準化することで、店舗(SV・店長)と本部が同じ指標を見て会話できるようになります。
また、店舗-本部の情報共有だけではなく、店舗間の比較・検討も可能となり、他店舗の成功事例を横展開する取り
組みにも広がります。

(4)貴社向けの導入サポートでしっかり定着
店舗業務を変革するためには、「課題確認→アクション」を業務プロセスに組込むことが必須です。そのためには、
単にシステムを構築(提供)するだけでなく、貴社向けの丁寧な導入サポート(導入教育・フォロー)も行います。





【StoreCheckerの特長】
「StoreChecker」は、現在の店舗業務を大きく変えることなく、導入・使用できます



構成例
「StoreForward」は、「StoreChecker」との組合せで導入できるだけでなく、既にPOSレジと基幹業務システム(DWH)を導入している場合でも、導入することができます。※基幹業務システムとの連携可能



今後の展望
2020年までに、デパ地下・駅ナカに展開している小売業を中心に、100社のお客様に本システムを展開していきます。
各店舗の日販を20%以上向上させることを目標に、誰でも簡単に品揃えを考え、発注ができるようになるための
情報支援を行い、集客などに悩んでいる小売店舗の悩みを解決していきます。

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。


【会社概要】
社 名 : FutureOne株式会社
代表者 : 櫻田 浩(さくらだ ひろし)
設 立 : 2002年10月1日
社員数 : 274名(2018年1月1日現在)
本 社 : 〒141-0032東京都品川区大崎2-9-3 ウエストシティビル6F
U R L : (リンク »)
事業内容:「InfiniOne」、「MoneyOne」をはじめとするERP・基幹業務システムを中心としたソリューションの
開発・販売・サポート及びECサイトの構築、ITコンサルティング

<お問い合わせ先>
FutureOne株式会社 社長室&Marketing 担当:桑澤 雅幸(くわさわ まさゆき)
〒141-0032東京都品川区大崎2-9-3 ウエストシティビル6F
TEL:03-5719-6122  FAX:03-5719-6123
E-Mail:f1-marketing@future-one.co.jp


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。