XYZプリンティングジャパン、Jr.シリーズ唯一のオープンフィラメント式プロフェッショナル向け小型3Dプリンター「ダヴィンチJr. 1.0 Pro」を発売

XYZプリンティングジャパン株式会社 2018年03月22日

From Digital PR Platform


XYZプリンティングジャパン株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役:沈 軾栄(Simon Shen))は、本日、Jr.シリーズの中で唯一オープンフィラメントが可能なプロフェッショナル向け小型3Dプリンター「ダヴィンチJr. 1.0 Pro」と、ダヴィンチシリーズ最小・軽量ながらも十分な造形面積を持つ機種で、お手頃の価格を実現した「ダヴィンチnano ホワイト」を同時に発表しました。
(リンク »)
2018年4月2日より、それぞれ以下の金額にと販売経路にて販売を開始いたします。

ダヴィンチJr. 1.0 Pro:69,800円(税抜)
製品ページ: (リンク »)
弊社Webサイト( (リンク ») )、Amazon、楽天、ヤフー、家電量販店、
販売代理店

ダヴィンチnano ホワイト単体:27,800円(税抜)
製品ページ: (リンク »)
販売代理店

ダヴィンチnano ホワイト Wi-Fiセット:29,800円(税抜)
家電量販店、販売代理店

ダヴィンチnano ホワイト アカデミーパック(教育向け)1年間フル保証:49,800円(税抜)
販売代理店


【ダヴィンチJr. 1.0 Proの特徴】

他社製のフィラメントが使えるオープンフィラメント式

エクストルーダーの温度調節ができるようになり、他社製のフィラメントにも対応することが可能になりました。他社製のフィラメントを使用する場合は、PLA、タフPLA、PETG素材で直径1.75mmのフィラメントのみ対応しています。


正確に感知するオートキャリブレーションシステム

9点校正システムを搭載し、プリントモジュールとプリントプラットフォームの距離を正確に感知することができるようになったため、今まで以上に高品質な造形が可能になりました。


印刷速度の短縮、さらに綺麗なプリントモジュールが可能に

3Dプリンターソフトウェアである「XYZware Pro」では、温度、速度などの各種パラメーターの設定が可能になりました。印刷速度は最大100mm/秒まで向上し、造形時間も短縮できます。また、ウインドダクトを搭載し、冷却効果を強化させたことで、さらに綺麗な造形が実現できるようになりました。


【ダヴィンチnano ホワイトの特徴】


シリーズ最小・軽量の3Dプリンター

体積がダヴィンチminiのわずか60%で、製品重量はたったの4.7 Kgを実現しました。プリント出力サイズは12×12×12cmで、どこにでも自由に設置することができ、カラーもホワイトとオシャレな機種です。小さな子どもでも遊びながら簡単に3Dプリントを学ぶことができ、最初の3Dプリンターとして最適です。


わかりやすいシンプルな操作

3色のLEDライトでプリント状況を表示(グリーン:スタンバイ、レッド:ストップ、オレンジ:出力中)。ダヴィンチnanoは、ワンボタン型の簡単インターフェースを採用し、シンプルな操作で3Dプリントができます。


地球に優しいエコ材質

ダヴィンチnanoはPLAプリント材質を採用しています。コーンスターチが原料のため、自然に優しく地球環境への負担もありません。安心して使える素材です。


簡単な3DモデリングができるXYZmaker Mobieアプリに対応

ダヴィンチnanoは、簡単な3Dモデリングデータからデザイナー3Dモデリングデータまでダウンロードしたり、3Dモデリングを簡単に作成できるXYZmaker Mobileアプリに対応しています。XYZmaker Mobileアプリから直接ダヴィンチnanoにデータをインポートし、出力することができます。


<XYZprinting, Inc.について>
XYZprintingは、台湾を拠点に電子機器を製造する新金宝グループを母体とする各種プリンターを設計、製造するプリンター専業メーカーです。新金宝グループは、1973年に創設した世界的なトップOEM/ODMパートナーです。
現在、グループには22社の関連企業と65の工場があり、10万人以上の従業員が働いています。コストパフォーマンスに優れた3Dプリンターを世界中の方にお届けすることを使命として2013年に設立されたXYZprintingは、本社を台湾に置き、日本、アメリカ、欧州、中国などグローバル展開をしています。さまざまな実績を持つ専門性や革新的な精神を兼ね備えたXYZprintingは、極めて優れたユーザー体験をもたらす使いやすい3Dプリンターを提供しています。今後は、新たな材質や、熱溶解樹脂積層法以外の出力形式の3Dプリンターや3Dスキャナーを開発してまいります。
XYZプリンティングジャパン株式会社 (リンク »)
XYZプリンティングジャパン Facebookページ (リンク »)

<新金宝グループについて>
台湾・金宝グループの傘下グループである新金宝グループは、主にコンシューマーエレクトロニクスやPC周辺機器、通信機器、電源関連製品、カーエレクトロニクス分野の製品を受託製造するキンポ・エレクトロニクス、電子部品を受託製造するカルコンプ・エレクトロニクス・アンド・コミュニケーションズと、パワーサプライ製品を受託製造するアクベル・ポリテック、3Dプリンターを製造・販売するXYZプリンティング、植物工場のカルコンプバイオを中心とした、計6社で構成しています。タイ、中国やフィリピンをはじめとした東南アジアを中心、ブラジル、メキシコとアメリカなど全世界で20の工場を有し、従業員数は約45,000名と、台湾を代表する巨大EMS・ODMグループに成長しています。
新金宝グループ (リンク »)





関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]