キューケンホフ花博覧会「花のロマンス」が開幕

キューケンホフ(Keukenhof) 2018年03月22日

From 共同通信PRワイヤー

キューケンホフ花博覧会「花のロマンス」が開幕

AsiaNet 72778 (0516)

【リッセ(オランダ)2018年3月22日PR Newswire=共同通信JBN】第69回キューケンホフ(Keukenhof)花博覧会が22日朝、開幕した。2018年キューケンホフのテーマは「花のロマンス」である。公園には多くの早咲きの品種が咲き、ウィレムアレクサンダー・パビリオン(Willem-Alexander pavilion)では既に500種以上のチューリップが開花している。キューケンホフではこの春、何百万本ものチューリップ、ラッパスイセン、その他の球根花が咲き誇るのを楽しめる。

Photo: (リンク »)
Photo: (リンク »)

花のロマンス。2018年キューケンホフのテーマは「花のロマンス」である。どうあろうと、ロマンスと花は密接に結び付いている。この歴史的な春の公園はロマンス時代(1857)半ばにキューケンホフ城の装飾庭園として設計された。ロマンティックな花のモザイクを創るため、2層に5万本の球根が植えられた。

さらに、オラニエ・ナッサウ・パビリオン(Oranje Nassau Pavilion)でのフラワーショーは完全にロマンスにささげられている。インスピレーションに富む庭園の1つはまた、このテーマで設計され、ベアトリクス・パビリオン(Beatrix Pavilion)ではランとアンスリウムが展示されている。

多くの海外からの旅行者は今もレンブラント、オランダ・チーズ、風車、チューリップといった非常に優れたアイコンを見るためにオランダを訪れる。オランダの観光にとってキューケンホフの重要性は格別に大きい。毎年、100カ国以上から100万人の訪問客がキューケンホフにやって来る。これらの訪問客の約75%は海外から来ている。球根部門全般、特にチューリップとキューケンホフはオランダの観光イメージの顔になっている。

キューケンホフは22日から一般公開されている。2018年5月13日の閉幕までに花博覧会は世界中から100万人以上の訪問客を迎え入れる。

(リンク »)

ソース:Keukenhof

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]