ハワイ発「ライトニングボルト(Lightning Bolt)」ブランドの商標共同保有について

ヤマト インターナショナル株式会社 2018年03月23日

From 共同通信PRワイヤー

2018年3月23日

ヤマト インターナショナル株式会社

ハワイ発「ライトニングボルト(Lightning Bolt)」ブランドの商標共同保有について

 このたび、ヤマト インターナショナル株式会社(本社:大阪市中央区、東京都大田区、取締役社長:盤若智基/東証1部:コード番号8127、以下「ヤマト インターナショナル」)は、伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)とハワイ発カジュアルサーフブランド「ライトニングボルト(Lightning Bolt)」の日本国内における商標権を共同保有し、当ブランドの更なる発展に向け協業を開始することにいたしました。

 「ライトニングボルト」ブランドは1960年代にハワイで誕生したサーフブランドです。伝説のサーファー、ジェリー・ロペスと仲間たちが「イナズマ」のシンボルマークを付けたサーフボードを使い始め、サーフボードの製造・販売を始めたのがきっかけと言われています。1971年にはノースショアでのジェリー・ロペスの華麗なサーフと共に鮮烈な世界デビューを飾り、瞬く間に世界中のサーファー達の間で伝説のスーパーブランドとして広まりました。更に、1978年に出演したハリウッド映画 「BIG WEDNESDAY(ビッグウェンズデー)」が大ヒットしたことによって、その人気は不動のものとなりました。

 伊藤忠商事は、2008年に「ライトニングボルト」ブランドのマスターライセンス権を取得して以来、メンズカジュアルウェアを中心に展開を拡大してきました。一方、ヤマト インターナショナルは、「ハードからソフトへの変革」を掲げ、未来に通用するブランディング型ビジネスの確立を推進しています。こうした中、日本国内において「ライトニングボルト」ブランドの展開拡大を目指す伊藤忠商事と、新たなブランドの商標権取得により、ブランディング型ビジネスの更なる拡大を目指すヤマト インターナショナルとの戦略が合致したことから、協業を開始する運びとなりました。

 また2020年に開催される東京オリンピックにおいて、サーフィンやスケートボードが新たに正式種目となり、既に冬季オリンピックで正式種目のスノーボードも合わせた3S(スリーエス)と呼ばれるアクションスポーツから広がるムーヴメントを背景に、このようなジャンルのファッションや関連アイテムの需要拡大が期待されます。

 今後は両社のブランドビジネスにおける経験とノウハウを活用しながら、国内セレクトショップや専門店を通じてライセンスビジネスを共同で展開し、「ライトニングボルト」ブランドの価値向上と事業拡大を目指してまいります。
                【画像: (リンク ») 】



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]