アジア太平洋地域のヘルスケア市場:2018年の5つのトップトレンド

フロスト&サリバン ジャパン株式会社 2018年03月23日

フロスト&サリバンは2018年のアジア太平洋地域のヘルスケア市場に関する見通しをまとめました。弊社の予測では、2018年のアジア太平洋地域のヘルスケア市場は前年比12.5%増で成長し、同市場規模は5,170億米ドルに到達する見通しです。グローバルのヘルスケア市場が2018年に前年比4.8%増で成長する予測であることを踏まえると、アジア市場は世界で最も早い成長を遂げつつある地域の1つとなります。この様な好調な成長の背景には、ヘルスケア産業におけるテクノロジーの導入拡大や、最新技術を活用した遠隔医療などの従来の病院を超えた医療へのアクセス拡大があります。

XaaS (X as a Service)をはじめとする新しいサービスモデルは、ヘルスケアビジネスにおいて新たな収益源を創出することが見込まれます。また、ヘルスケア産業でのデータストレージ拡大のニーズ増大に伴い、クラウドがコアプラットフォームとして浮上する見通しです。さらに、デジタルテクノロジーやスマートシティの進化により、アジア太平洋地域の病院のスマート化の促進も期待されます。

アジア太平洋地域のヘルスケア産業では、新しいテクノロジーを安価で導入するニーズが高まっており、高度で革新的なソリューションが求められています。「アジア太平洋地域では、ヘルスケアサービスの消費者の役割が劇的に変化しています。デジタルテクノロジーを利用することで、医療データや医療ケアへのアクセスが可能になるため、消費者は治療を受けたい場所や時間を自由に選択出来るようになります」と、フロスト&サリバンのパートナー、レヌー・ブーラーは述べています。

弊社の分析では、2018年のアジア太平洋地域のヘルスケア市場では以下の5つのトレンドが予測されます。

1. 新興市場でのニーズ増大により、病院設立が拡大へ

アジア地域の新興市場では病院の需要拡大に伴い、プライマリケアと専門医療を統合した診療所にくわえて、この様な医療ネットワークを活用した病院の設立が、パートナーシップやベンチャー投資を通じて進むことが予測されます。病院以外で医療を提供する拠点の拡大に加えて、ユニバーサルヘルスケアへのアクセスの実現や、医療保険会社によるウェルネスと早期介入の推進に向けた取り組みの強化が今後期待されます。

2. 民間の医療保険会社によるテクノロジーを活用した革新的な保険サービスの提供

民間の医療保険会社は、慢性疾患の管理や、健康的な行動に対する対価の提供、医療費削減に向けたウェルネスプログラムにおいて、デジタルプラットフォームを試験的に活用しています。また、インシュアテック(InsurTech)と呼ばれるテクノロジーを活用した革新的な保険サービスやソリューションに向けた投資を通じて、市場拡大を試みています。

3. 医療ツーリズムの中国とインドからの患者数は、2018年に合計1億7000万人に到達の見込み

アジアの医療ツーリズムは2018年に大きな成長を遂げる見通しです。世界でトップ10の医療ツーリズムの訪問地のうちの6都市を抱えるアジア地域の医療ツーリズム市場は、2018年に前年比15%増で成長する予測となり、世界の中でも最も早いペースで成長する地域となる見通しです。術前・術後のフォローアップのための低侵襲手術やバーチャル診療におけるテクノロジー活用の拡大によって、医療ツーリズム市場のさらなる成長が見込まれています。

4. ASEAN地域の調和統合

シンガポールは2018年にASEANの議長国となり、回復やイノベーションといったテーマが提議されるでしょう。同国はEコマースの導入を促進し、地域全体のスマートシティ化促進を目指しています。データ保護やサイバーセキュリティといった課題に向けた取り組みが適切になされれば、ヘルスケア市場はこの様な新たなイニシアチブからも大きな恩恵を受けることが期待されます。

5. 予防医療・ウェルネスの取り組みでは消費者への啓蒙活動と個別化が重要に

米プルデンシャル・ファイナンシャル、中国のヘルスケアスタートアップのiCarbonXなどの企業は従業員向けに個別化したウェルネスプログラムの導入を開始しており、消費者直結型(DTC:Direct To Consumer)の遺伝子検査サービスやソリューション開発が進みつつあります。米ソーンリサーチやシンガポールのImagene Labsといった企業では、個別化された栄養補助食品やスキンケア製品を店頭や通販で入手可能にする取り組みを進めています。


**********************************************
フロスト&サリバンについて:
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。 (リンク »)

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社
広報担当:辻 安奈
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215/FAX:03-4550-2205/E-mail: anna.tsuji@frost.com
URL: (リンク »)

▽フロスト&サリバン プレスリリース一覧:
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

フロスト&サリバン ジャパン株式会社の関連情報

フロスト&サリバン ジャパン株式会社

フロスト&サリバン ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]