UL、一酸化炭素低排出ポータブル発電機をANSI/UL 2201 で初めて認証

UL LLC 2018年03月26日

From 共同通信PRワイヤー

UL、一酸化炭素低排出ポータブル発電機をANSI/UL 2201 で初めて認証

AsiaNet 72684

Ryobi(リョウビ)ブランドのTechtronic Industries社製 
ポータブル発電機モデル「RY907022FI」が一酸化炭素排出低減に関する
UL安全認証要件への適合を実証

イリノイ州ノースブルック、2018年3月26日 — ANSI/UL 2201に基づき、Ryobi(以下、リョウビ)ブランドのポータブル発電機モデル「RY907022FI」がUL認証を取得
( (リンク ») )しました。  

ロゴ - (リンク »)

ANSI/UL 2201 ( (リンク ») )- ポータブル発電機の一酸化炭素(CO)排出率に関する規格 は、ポータブル発電機がCO中毒のリスクを低減するための性能要件を規定しています。基準要件は、包括的かつ慎重に開発された2段階のセーフガード対策に基づいています。

          1. CO排出量の削減
          2. 追加保護用遮断技術

一般的に現場では、ポータブル発電機がさまざまな状況で使われたり、誤って使われたりしたことが示されているので、どちらの対策もポータブル発電機の安全性を改善する上で重要です。

第一段階の対策として、CO排出量の削減が求められます。 製造業者がこれを達成する方法は、規定されているわけではありませんが、エンジンからのCO排出量を大幅に削減する電子燃料噴射(EFI)や車載電子エンジン管理システムなど、すでに市場に出回っており、広く利用可能な実績のある技術の利用が可能となっています。ポータブル発電機が排出するCOの量を大きく減少させることによって、CO中毒や死亡の確率も大幅に減少します。

第二段階の対策は、発電機がガレージや地下など密閉された空間で誤って使われた場合などに追加の保護策となる遮断技術です。  ANSI / UL 2201に含まれるこの追加要件は、COの蓄積を感知し、装置の遮断を強制することによって、閉鎖された空間または部分的に閉鎖された空間における発電機の誤使用から保護することを目的としています。  

「ULが認証するポータブル発電機は、小売業者が安心して製品を提供し、お客様に安心して製品を購入していただくために、科学的根拠に基づいて熟考の上、開発された2段階の対策を採用した規格に基づくUL認証を得ることが重要でした」とTechtronic Industriesの製品開発担当バイスプレジデントであるマイケル・ガードナーは述べています。

毎年、米国消費者製品安全委員会(CPSC)には、屋内または部分的に閉鎖された空間で使用されるポータブル発電機によるCO中毒が原因の死亡を含む事件の報告が寄せられています。  CPSCは、2005年から2016年の間に、火災以外の原因による死亡事故で、ポータブル発電機によって引き起こされたものは780件と報告しています。 ( (リンク ») )ULはポータブル発電機に関する厳格な評価を通じて、安全な製造および改良された技術の採用をサポートしてきました。ANSI/UL 2201は、消費者に対する追加保護策を検証するために、さまざまな状況におけるCO試験を規定しています。  

「ポータブル発電機の一酸化炭素排出率に対応するANSI / UL 2201認証により、業界が積極的に安全な方向へ歩んでいることを喜ばしく思います。  これは、公共安全上の重要なマイルストンを示します」と、ULのEnergy Systemsおよびe-Mobility担当のシニア事業開発マネージャーであるイブラハム・ジラーニは述べています。  

市場でUL認証を受けたポータブル発電機のモデルを特定するには、ULホログラムラベルとエンハンスト(UL認証)マークが貼付された製品を探す必要があります。これにより、消費者はUL認証を取得した純正品を容易に識別することができます。

すべてのULの認証済みポータブルジェネレータモデルはULオンライン認証ディレクトリ ( (リンク ») )にアクセスして、製造元の名前を入力することで見つけることができます。それらは、ULカテゴリーコード「FTCN」で登録されています。ANSI/UL 2201に対して認証された製品をもつポータブル発電機製造業者の最新のリストは、いつでもこのディレクトリで検索できます。

ポータブル発電機のULの安全試験と認証について詳しくは、ul.com/PortableGenerators ( (リンク ») )にアクセスしてください。ANSI/UL 2201認証のためのULの試験について質問があれば、 EnergyTechQuote@ul.comに電子メールでお問い合わせください。安全な調達に関して質問のある小売業者は、 Retail@ul.comにお問い合わせください。ポータブル発電機と一酸化炭素に関する安全上のヒントについては、CPSC.gov ( (リンク ») )にアクセスしてください。

【ULの概要】
ULは、科学の活用によって安全、セキュリティ、サステナビリティ(持続可能性)における課題を解決し、世界中の人々のために安全な生活/職場環境を推進します。ULマークがもたらす信頼が、先進的製品及び技術の安全な導入を可能にします。ULのスタッフは世界をより安全な場所にするという情熱を共有しています。その提供サービスは、試験・検査・監査・認証・検証・アドバイザリー/トレーニング・サービスなど多岐にわたります。また、安全とサステナビリティに関するソフトウェア・ソリューションを提供することで、これらの活動を支援しています。詳細はウェブサイト(UL.com)をご参照ください。

連絡先: ダグマー・エボー
グローバルPR & ソーシャルメディアマネージャー
ULコマーシャル & インダストリアル
O: (678) 872.0320 C: (404) 216.4354、 dagmar.ebaugh@ul.com 

(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]