名古屋のゴールデンウィ―クの風物詩!「ベルギービールウィークエンド 2018名古屋」

ベルギービールウィークエンド実行委員会 2018年03月26日

From Digital PR Platform


(リンク »)

~118種類のベルギービールが一度に楽しめる!飲み比べセットや初登場のラウンジ席も~

ベルギービールウィークエンド実行委員会は、4月25日(水)より5月6日(日)まで久屋大通公園 久屋広場(松坂屋前)、エンゼル広場(名古屋市中区)において「ベルギービールウィークエンド 2018 名古屋」を12日間にわたり開催します。名古屋のゴールデンウィーク名物となりつつあるベルギービールウィークエンド(BBW)。7回目を迎える今年は、新コンテンツも登場し、6万人以上の来場者数を見込んでいます。

□ 118種類のベルギービールが一度に楽しめる!43種類のBBW初登場ビールも
BBW2018名古屋には、118種類のビールが登場し、そのうち43種類がBBW初登場ビールです。BBWではすべてのビールは11タイプにわかりやすく分類され、ビールの特徴が一目でわかるテイストチャートも用意。ビール通には定番のトラピスト・ビールやIPAをはじめ、初夏の爽やかな青空にぴったりのホワイト・ビールやフルーツ・ビールなど、自分好みのビールを見つける楽しみもBBWならでは。また、昨年は金曜限定で展開していた「ベルギービール飲み比べセット」を今年は毎日先着100名限定で販売するほか、日替わりでメニューがランダムに変わるBBW Boutique(ビービーダブリュー・ブティック)コーナーもエンゼル広場に設置。お目当てのベルギービールにいつ出会えるかわからないドキドキ感を今年もお楽しみください。

□ 今年はラウンジ席を新設し、久屋広場・エンゼル広場の2会場で楽しみ方倍増!ベルギー旅行が当たる企画も!
今年もBBW名古屋の会場は久屋広場とエンゼル広場の2つの広場を使用。新たに、BBW初の予約制の4人掛けラウンジ席を設置し、より快適かつ贅沢にイベントを楽しめます。さらに、BBW名古屋に来場いただいた方の中からベルギーペア旅行があたるキャンペーンも実施します。

BBWのもう一つの魅力であるステージイベントでは、ベルギーのトップアーティストや日本人アーティストなど9組のアーティストが迫力のライブパフォーマンスを繰り広げるほか、ベルギー人のBBWナビゲーターによるトークショーやゲームなど、楽しさ満載のウィークエンドをお届けします。

<「ベルギービールウィークエンド2018 名古屋」開催概要>

■開催日時:2018年4月25日(水)~5月6日(日)(雨天開催)
・4月25日(水)~27日(金)  16:00~21:00
・4月28日(土)~5月6日(日)  11:00~21:00

■会場:名古屋市久屋大通公園 久屋広場(松坂屋前)、エンゼル広場

■主催:ベルギービールウィークエンド実行委員会、東海テレビ放送、中日新聞社

■特別協力:駐日ベルギー王国大使館

■後援:
ベルギービール醸造所組合、ベルギー・フランダース政府観光局、ベルギー観光局ワロン地域、ブリュッセル観光局、ベルギー・フランダース政府貿易投資局、ベルギー王国ワロン地域政府貿易・外国投資振興庁、ブリュッセル首都圏政府貿易投資局、公益財団法人アーツフランダース・ジャパン、日本・ベルギー協会、在日ベルギー・ルクセンブルグ商工会議所、ベルギー・ルクセンブルグ市場協議会、愛知県、名古屋市、長久手市、栄中部を住みよくする会、栄東まちづくりの会

■オフィシャルパートナー:フィンエアー(フィンランド航空)

■チケット:※価格は全て税込
●スターターセット 前売り購入でお得に!
オリジナルグラス1個、飲食用コイン11枚 前売り \2,900円 / 当日 \3,100円
●グループセット スターターセットがまとめ購入でさらにお得!(前売りのみ)
オリジナルグラス1個、飲食用コイン11枚×4名分 通常\12,400円が\11,200円に!
●ラウンジ予約 ラウンジ席でもっと快適&贅沢に!
1テーブル4人掛け(2時間制) 前売り ¥2,000円 / 当日 \2,500円
オリジナルグラス、飲食用コインは付いておりません)

■前売りチケット取扱:全国セブンイレブン各店、全国サークルK・サンクス各店、チケットぴあ

■公式サイト: (リンク »)

■イベントに関する一般の方のお問い合わせ先:
ベルギービールウィークエンド事務局
Tel:03-5829-6878
E-mail:info@belgianbeerweekend.jp

<BELGIAN BEER WEEKEND - A TRADITION>
ベルギーは、人口約1,000万人が住む小さな国。しかし、ビールの醸造所はおよそ200カ所もあり、1,500種類以上のビールが造られる世界最高の「ビール王国」。毎年9月の第1週末には首都ブリュッセルでベルギービールウィークエンドが開催され、世界遺産に指定された美しいグランプラス広場が賑わいます。日本でも、ベルギービールウィークエンドが2010年より毎年開催されるようになり、今年で9回目を迎えます。2016年にはユネスコ無形文化遺産に登録された「ベルギービール文化」を今こそ体験し、ベルギーの魅力を再発見してください。

ベルギービールウィークエンド事務局から配信するオンラインマガジン「SIP」がオープン!
味わい豊かなベルギービールの物語をお届けするオンラインマガジンです。
ベルギービールのようにゆっくり、じっくりお召し上がりください。
(リンク »)
(リンク »)

<ベルギービールウィークエンド 2018名古屋 出演アーティスト>

●'t Hof van Commerce(ホッフ・ヴァン・コメルス)
ホッフ・ヴァン・コメルスは、2018年に20周年を迎えたベルギーの伝説的なヒップホップバンド。幾多のプロジェクトと若干の体重増減、そして年輪を重ね、ファンクでソウルフルな彼らのパーティーミュージックが帰ってきた。ステージをかつてないほど盛り上げるのは、生まれ変わったおなじみのヒット曲から話題の新曲の数々。彼らにとってヒップホップは魂の一部だ。底知れないエネルギーとハングリーなパッションがラップに乗せるのは、愛、宗教、ドラッグ、そして自らの物語。その独特のスタイルと唯一無二のビートは、Buyse、4t4、Kowlierファン必聴だ。

4月27日(金) 18:30 - 19:45/4月30日(月) 18:00 - 19:15

●The Van Jets(ザ・ヴァン・ジェッツ)
ザ・ヴァン・ジェッツによる楽曲「Future Primitives」のサウンドを言い表すとすれば、映画「Mad Max」のオルタナティブ・サウンドトラックといったところだ。未来的なサウンドと野性的なエネルギーの共存、楽曲「Boy to Beastie」と「Bang」は、ギターとヒップホップを融合させた独創的な作品だ。5作目となるセルフ・プロデュースアルバムは、ベルギーの海沿いにある彼らの故郷、オステンドで制作された。ロックなライブ感満載のニューアルバムも高い評価を獲得している。 (リンク »)

5月3日(木)・ 4日(金)・5日(土) 18:00 - 19:15

●Flip Kowlier(フィリップ・カウリール)
シンガー・ソングライターのフィリップ・カウリールは、自身のバンドでのギター&ボーカルに加え、ヒップホップグループではMCを担当するマルチパフォーマー。出身は、西フランダースのイゼゲム。ヒップホップグループHof van Commerce(ホフ・ヴァン・コメルス)で2枚のアルバムを出した後、シンガー・ソングライターとしてソロ活動も開始。バンドを従え、これまでに5枚のアルバムをチャートに送り込んでいる。彼の最大の特徴は、ベルギー人でもほとんど聞き取れないフラマンドル地方の方言で歌うこと!その穏やかな響きと落ち着きのあるメロディは、魅了されずにはいられない。

4月28日(土) 14:00 - 15:00/4月29日(日) 18:00 - 19:15

●Ertebrekers(エルテブレーケルス)
"Ertebrekers"(西部-フラマン語の方言のHeartbreakers)は、ベルギーのゲント出身のバンド。ファンク、ヒップホップ、ソウルの要素が含まれており、西フラマン語で歌う。センスのいい音楽で、毎日の日常生活について魅力的な物語を楽しめる楽曲となっている。 (リンク »)

4月28日(土) 18:00 - 19:15/4月29日(日) 14:00 - 15:00

●4t4(フォーティーフォー)
DJ フォーティーフォーは、1987年より活動するDJ兼プロデューサー。ソロDJとしての成功に加え、
t Hof van Commerceのプロデューサーとしても活躍中。

4月30日(月) 14:00 - 15:15

●The Hey Song(ザ・ヘイ・ソング)
多くのバンドのサポートベースとして活動してきたベーシスト / コンポーザー落合慶太(通称キット)は、ソロプロジェクトとして2014年12月より始動。過去に遊びで組んでいたバンド名をそのまま使用し、ライブではキーボード・ギター・ドラムを迎えバンド編成。これまでにADAM at、伊藤隆郎(TRI4TH)、齋藤陽平(ex.JABBERLOOP)、Yuki Tabo(The Skateboard Kids)等もサポートに参加。

5月3日(木) 12:30 - 13:30/15:30 - 16:30

●S.B.B.(Sakake Brothers with the band)(サケカケブラザーズ)
2000年 砂掛兄弟によって結成。ライブ活動を始める。2003年 ファーストアルバム「S.B.B. lament for all the victim of the war」をリリース。これを機に全国各地でのライブ活動開始。好評を得る。2005年 セカンドアルバム 「LIFE」をリリース。2008年 サードアルバム 「KEEP ON CRUISIN」をリリース各アルバムともに音楽情報誌などで大きく取り上げられる。jazzLifeでは年間リコメンデイションアルバムにも選出されている。

5月4日(金) 14:00 - 15:00/16:00 - 17:00

●砂掛康浩ジャズカルテット
15歳でギターを始め、18歳で単身渡米。ハリウッドにあるミュージシャン養成校MI(Musicians Institute)で2年間本格的に音楽を学ぶ。在校中、Joe Diorio Scott Henderson Ross Bolton Jeff Richman に師事。卒業後現地でのセッション活動を始める。3年間に渡るアメリカ修行を終え帰国。帰国後日本でのセッション活動を開始。JAZZを中心に、FUNK BLUES R&B BOSSA NOVA POPS HIP HOP REGGAE 等、多種多様なジャンルでの、ライブ、ツアー、レコーディングで活躍し高い評価を得ている。プレイだけにとどまらず、作曲、アレンジメントでもその才能を発揮し高い評価を得ている。セッション活動とともに、自己のバンドSakake Brothers with the Band(SBB)を兄でドラマーの砂掛裕史朗とともに立ち上げ現在3枚のアルバムをリリース。JAZZLIFE remix ADLIB等、音楽情報誌に大きく取り上げられ注目を集めている。JAZZLIFEでは年間リコメンデイションアルバムに選出されている。SBB以外にも積極的に自己のプロジェクトを立ち上げるなど、セッション活動とともに精力的に活動している。

5月6日(日) 14:00 - 15:00/16:00 - 17:00

●パイナップル★セッション
パイナップルセッションはベルギービールウィークエンドで2-3年前から始まったカジュアルで肩の凝らない楽しいDJセッション。スタッフ2人がDJ機材をプレイしたことがきっかけで始まりました。

5月5日(土) 14:00 - 15:30

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。