多摩大学 体育会フットサル部「KOBEカップ2018」出場!

多摩大学 2018年03月26日

From Digital PR Platform




多摩大学体育会フットサル部は2018年3月14日(水)~15日(木)、全国12地域のチャンピオンチームが集結する「KOBEカップ2018」(神戸市ワールド記念ホールにて開催)に関東地区代表として出場




多摩大学体育会フットサル部は、「KOBEカップ2018」に関東地区代表として出場し、今大会の優勝チーム 大阪成蹊大学と一次ラウンドで対戦し0-3で敗退。同日の愛知学院大学との対戦では、7-0で勝利するも、大会の結果はグループリーグ敗退



多摩大学体育会フットサル部は2012年4月「大学フットサル日本一!」を目標に掲げ、始動。多摩大学初の体育会として福角有紘監督(2000年、2004年フットサル世界大会日本代表候補)を招聘し、早朝からの厳しい練習成果を着実に積み上げ、早くも2015年には東京都大学リーグで優勝。2016年5月全日本大学フットサル選手権東京都予選優勝を経て、2016年7月関東大会準優勝、2016年8月全国大会進出を果たし3位となった。創部4年目に全国大会初出場で好成績をおさめる快進撃となった多摩大学フットサル部は、強豪チームとして全国に知られる存在となった。

今回の「KOBEカップ2018」には、全国12地域の強豪ひしめく中で、関東地区代表として出場。一次ラウンドで、今大会の優勝チーム、大阪成蹊大学との対戦となり、健闘したが残念ながらグループリーグ敗退。

多摩大学体育会フットサル部は、現在部員17名、マネージャー2名が所属している。
また、監督の他コーチ3名が日々の活動をサポート。多摩大学では多摩大学を第一志望とし、入学後は体育会活動に所属し、学業と両立ができる人材を募集する入試制度として『「志」AO入試体育会(男子・女子フットサル部)特別給費生奨学金制度』を設けている。

多摩大学体育会フットサル部は、「OFF THE PICH」でも日本一を掲げて、人間としての成長を重視する福角監督の指導方針が、選手一人ひとりに浸透し、U-20フットサル日本代表メンバー(多摩大学 石田健太郎)など突出した選手もいる中で、チーム全員攻撃のパワープレーでピンチを乗り切り、最後まで諦めないプレーが光る。今後も「大学フットサル日本一!」という目標に向かって邁進していく。



詳細 ホームページ
(リンク »)











▼本件に関する問い合わせ先
多摩大学 学長室
高野・山本
住所:東京都多摩市聖ヶ丘4-1-1
TEL:042-337-7300
FAX:042-337-7103
メール:koho@gr.tama.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。