アンチウイルス導入によるセキュリティリスクの発生確率の検証

株式会社Doctor Web Pacific 2018年07月02日

ご存知のように、確率論は、正確な測定に基づく統計を扱って作り上げられた理論であるため、これより正確なものはありません。

###

18世紀の長老派の牧師で数学者であるトーマス・ベイズの名前にちなんでつけられたベイズの定理は、利用可能な最良の証拠(観測、データ、情報)に基づいて、信念(仮説、主張、命題)の妥当性を計算する方法です。 わかり易く説明すると、「初期の信念と新しい証拠=新しい信念と改善された信念」となります。

新しい証拠が与えられれば、信念が真である確率は、その証拠にかかわらず信念が真実である確率と等しくなります。信念が本当であるかどうかにかかわらず、確信が真である証拠が真実である確率で割った確率となります。

確率をP、信念をB、証拠をEとすると、基本となる数式は、P(B | E) = P(B) × P(E | B) / P(E)となります。P(B)はBが真である確率であり、P(E)はEが真である確率です。P(B | E)は、Eが真であればBの確率を意味し、P(E | B)はBが真であればEの確率です。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]