グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第35回 社内横断データセット検索システム「Goods」(パート1)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2018年04月06日

CTC教育サービスはコラム「 グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第35回 社内横断データセット検索システム「Goods」(パート1)」を公開しました。

###

はじめに
 今回からは、2016年に公開された論文「Goods: Organizing Google's Datasets」をもとにして、Bigtable、Spanner、GFSと言った、Google社内のデータストアを横断的に検索可能にするツール「Goods(Google Dataset Search)」を紹介していきます。最近、複数のデータストアにまたがった情報を横断的に検索・活用する手法として、「データレイク」という考え方を耳にするようになりました。これは、260億件という膨大な数のデータセットに対してデータレイクの仕組みを実現した、Googleの社内事例と言えるでしょう。

Goodsの役割
 Googleの社内には、ソフトウェアエンジニアが開発中に使用するファイルシステム(Google Filesystem)やデータ分析に利用するデータベース(Spanner)など、さまざまなデータストアがあります。これらのデータストアに含まれるデータセットをカタログ化して検索可能にすることが、Goodsの大きな目的です。具体的には、図1のような情報をカタログ化しています。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)の関連情報

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]