WPS Analytics  バージョン4のリリース

World Programming 2018年03月28日

From 共同通信PRワイヤー

WPS Analytics  バージョン4のリリース

AsiaNet 72833

英国、ロンドン – 2018年03月28日–データ分析ソフトウェアの先導的な提供者である World Programming は、本日 WPS Analytics(WPS アナリティクス) プラットフォームのバージョン4をリリースいたしました。あらゆる産業の分析者やデータサイエンティストへ向けて、この新しい WPS Analytics は、データサイエンティストの生産性を高める一方で、データサイエンスに関する経歴がなくても高度な分析へのアクセスを容易にしています。

Logo - (リンク »)

長きに渡って構築されてきた組込みの SAS 言語コンパイラーを含む WPS Analytics の機能は、データに関連する作業のプログラミングやスクリプティングに焦点を置いてきました。バージョン4の新しい点は、データに関連するプログラミングや予測モデリングのためのインタラクティブな視覚的インターフェースです。

データ準備や探査、モデリング、モデル検証、スコアリングやエラーの無い実働コードの生成のための視覚的なツールと共に、容易に使用できるドラッグアンドドロップ機能のあるワークフローが追加されました。速くかつ拡張性の高い WPS Analytics プロセッシングエンジンによって、これらの新しい視覚的な機能のデータ管理と理解が容易に速く行えるようになりました。堅牢な機械学習アルゴリズムのホストが、この新しい視覚的なツールセットと一緒になっています。

バージョン4はまた、オンデマンドな実務使用でのプログラムとモデル展開用のリポジトリと公開サービスがあるセキュアな中央集中型のデータセキュリティ管理を提供する WPS Analytics Hub(WPS アナリティクスハブ) をローンチしました。Hub と組み合わせることで、バージョン4は常に増え続けるデータコンプライアンスへの要求に答えるために、データの暗号化や監視機能を追加しました。

World Programming の CEO である Oliver Robinson は次のように述べています。 「当社のお客様より長らくこれらの機能のご要望を頂いていました。」「インタラクティブでポイントアンドクリックなツールの導入は、データサイエンスに関する経歴がない方にも当社のソフトウェアをアピールする幅を広げる大きな一歩となりました。経験豊富なデータサイエンティストには、生産性が高く高度でインタラクティブなツールをご利用いただく一方で、EU 一般データ保護規則を気にかける方にはデータの暗号化と Hub の機能を歓迎していただけるかと思っております。」

この WPS Analytics に含まれる廉価な SAS 言語コンパイラーは、さらなる新機能追加とパフォーマンスの改善で、人気が上昇し続けています。世界中で多くの巨大な事業が常に前に居続けるために、 WPS Analytics プラットフォームの堅牢で拡張性の高い機能に頼っています。

World Programming について

World Programming はデータエンジニアとデータサイエンティストのために高度な分析ソフトウェアプラットフォームである WPS Analytics 製作販売しています。このプラットフォームはデータの使用や SAS、SQL、Python、R言語への対応、ワークステーションやサーバー、クラウト、メインフレームシステムでの実行のためにインタラクティブで視覚的なプログラミングツールを提供します。世界中で各産業の主要組織が WPS Analytics を使用しています。

World Programming と WPS Analytics プラットフォームについての詳細は次をご確認ください。
(リンク »)


(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]