オリンパス アジア・パシフィック社が、インフォマティカの「Informatica Intelligent Cloud Services」を活用して各国の営業活動の可視化を実現

各国で管理している複数のデータソースを統合し、 ダッシュボードでのリアルタイム分析で営業活動を支援

インフォマティカ・ジャパン株式会社 2018年03月30日

インフォマティカ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 浩生、以下、インフォマティカ)は本日、オリンパス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長執行役員:笹 宏行、以下、オリンパス)のアジア・オセアニア地域統括会社であるオリンパス アジア・パシフィック社が、インフォマティカのIntegration Platform as a Service(iPaaS)ソリューション「Informatica Intelligent Cloud Services」(以下、IICS)の中核をなすサービス「Informatica Cloud Data Integration」を活用して、アジア・パシフィックの東南アジア地域における営業活動の可視化を実現したことを発表いたしました。同社は、同地域の医療事業分野における営業データ/商談データ/販売実績/顧客データをIICSで統合し、同じ物差しでリアルタイムの数字を見ながら的確な意思決定を行うことができるようになりました。今後はアジア・パシフィック全域で導入予定です。

採用の背景
オリンパスは、医療、映像、科学の各分野に向けて光学/電子機器を提供する大手メーカーとして、グローバルでビジネスを展開しています。そのなかでアジア・パシフィック地域(中国、韓国、東南アジア諸国、オーストラリア/ニュージーランド、インド)を担当しているのがオリンパス アジア・パシフィック社であり、同地域におけるオリンパスの売上高はグループ全体の売上高の2割を占めています。※
※2018年3月現在の組織体制において

同社では、各国の現地法人が「SAP ERP」や「Salesforce Sales Cloud」、「Excel」をはじめとした、異なるシステムやツールを使って営業データや商談データ、販売実績/販売計画、顧客データを管理していました。そのため、必要なデータを各国から個別に抽出、手動で加工して資料にまとめ上げる必要があり、多大な時間と手間がかかっていました。この課題を解決し、同じ物差しで分析・可視化する仕組みを構築するために、Salesforce Einstein Analyticsの導入を進めることになりました。しかし、各国ごとに商習慣や営業のプロセス/オペレーションに違いがあるため、販売データや商談データ、顧客データの持ち方/粒度に差異があり、単純にデータを複製するだけでは、国をまたがった横串での可視化・分析が出来なかったのです。そのため、多岐にわたるシステムからデータを抽出、粒度を揃えた上で統合し、Salesforce Einstein Analyticsに取り込むことができるデータソリューションを求めていました。

採用基準と理由
データ統合ソリューションの採用基準として定めたのは、IT部門に負担をかけずに、営業部門の人員だけでデータの抽出・収集・統合が行える、使いやすい画面設計を備えたソリューションでした。また、各国で使用されている言語が異なるため、多言語に対応していることも要件のひとつでした。

これらの要件を全て満たしたのが、IICSです。多様なクラウドサービス/データソースにアクセスできるコネクタを備え、ビジネス部門のユーザーがセルフサービスで利用できる高い操作性や、クラウドサービスとオンプレミスの双方にセキュアに接続できるハイブリッド性を特長としています。

また「Informatica Cloud Data Integration」が持つウィザード形式の設計環境「Informatica Cloud Designer」を活用することにより、デザインキャンバス上でデータソースとターゲットの変換をドラッグ&ドロップの直感的な操作で設定できます。これにより、データ統合とダッシュボード開発の2つを並行して、効率的に進めることができました。

採用後の効果
同社は、2016年11月にIICSを導入し、2017年1月に東南アジア地域における複数の組織・マルチソースの営業データを統合し、ダッシュボードに自動的に表示させる仕組みを作り上げ、運用を開始しました。導入以前は、データの収集自体に時間がかかっていましたが、同製品の導入によりデータがタイムリーに集約され、リアルタイムで本社側のダッシュボードに反映されるので、的確な営業活動の分析とフィードバックが提供できるようになりました。

本リリースに関するコメント
オリンパス アジア・パシフィック社 アジア・パシフィック・メディカルセールス部 山田貴陽氏は次のように述べています。「各地域のデータを可視化できるようになったことで、各国の営業部門がボトムアップで商談機会を発見できるようになりました。そのようなことが可能になったのは、インフォマティカのおかげです。」

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

インフォマティカ・ジャパン株式会社の関連情報

インフォマティカ・ジャパン株式会社

インフォマティカ・ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]