トリナ・ソーラーのフレームレス両面ガラスモジュールDUOMAXを使用した水上メガソーラー第一号が稼働開始

トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社 2018年04月03日

From PR TIMES



 太陽光エネルギーのトータルソリューションを提供する世界トップ企業としてPV業界をリードするTrina Solar(以降「トリナ・ソーラー」)は、岡山県笠岡市でトリナ・ソーラーのフレームレス両面ガラスモジュールを採用した水上設置型太陽光発電所「いちご笠岡岩野池ECO発電所」が2018年3月20日より発電を開始したことをお知らせします。

 供給されたモジュールは、トリナ・ソーラーのフレームレス両面ガラスモジュール「DUOMAX M PLUS TSM-300DEG5(II)」8800枚。59,906平方メートル のため池を利用し2.64MWの太陽電池モジュールが設置されたこの水上メガソーラー発電所は、880世帯の電力をカバーする年間333万kWhの発電量、石炭発電量に比べて年間2,201トンのCO2排出量の削減が期待されています。
[画像: (リンク ») ]


■Trina Solar Limited (トリナ・ソーラー) について
トリナ・ソーラーは、太陽光モジュール、ソリューション、サービスを統合的に提供する太陽光発電トータルソリューションビジネスのグローバルリーダーです。1997年に太陽光システムインテグレーターとして設立以来、世界中の施工店、販売店、ディベロッパーなどのパートナーの皆様と共に、スマートエネルギーの推進に努めています。より詳しい情報は、 (リンク ») でご確認ください。

【本件に関するお問合せ】
トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社 プレス担当:春日(マーケティング)
TEL.03-3437-7000 (受付時間:月~金 ※祝日を除く 9:00~18:00)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]