「ガレージ/BMW:アート/テック助成金」:BMWグループ・ロシアと現代美術館「ガレージ」が初の受賞者を発表

BMW グループ 2018年04月13日

From 共同通信PRワイヤー

「ガレージ/BMW:アート/テック助成金」:BMWグループ・ロシアと現代美術館「ガレージ」が初の受賞者を発表

AsiaNet 73066

モスクワ(ロシア)、2018年4月12日/PRニュースワイヤー/ --

今週火曜日、BMWグループ・ロシア(BMW Group Russia)と現代美術館「ガレージ」(Garage Museum of Contemporary Art)共同の「ガレージ/BMW:アート/テック助成金(Garage/BMW : Art/Tech Grant)」初の受賞者にセルゲイ・カシッチが発表されました。この助成金プログラムはIT、エンジニアリング、サイエンスアートの分野の個人および共同プロジェクト支援を目的としています。カシッチは今後1年の間、毎月奨学金を受け取り、自身のアートプロジェクト、「沈黙のスペース(Spaces of Silence)」を実行することができます。アーティストはまた、BMWの設計者やエンジニアに相談したり、BMW博物館および他の関連施設を訪ねたりすることもできます。

     (写真:
(リンク ») )

     (写真:
(リンク ») )

セルゲイ・カシッチの「沈黙のスペース(Spaces of Silence)」プロジェクト

現代都市の音響環境は、年々騒がしくなっています。聴覚刺激が多すぎると、生物の健康に悪影響を与える可能性のあることが立証されています。カシッチは混合型のパブリックアート・プロジェクトを利用して静寂を保つことを提案しています。

このプロジェクトは、都市の騒音レベルを測定、騒音および静寂エリアを特定し、内部にエコー面のある吸音スクリーンでできた特定の場所に特殊構造を作るものです。これらスペースは騒音から守られながらも、意外な方法で音を体験できる独自の環境を作るよう、可能な限りオープンになっています。

現代美術館「ガレージ」との提携

この提携により、BMWグループはアートと文化をより身近なものにし、ロシアの現代美術を支援することを目指しています。

BMWグループ・ロシアは、先ごろ新設したアートとテクノロジー(Art and Technology)のセクションに力を入れており、アート/テック助成金は新進のアーティストに経済的自立を提供し、創作活動に専念したり、プロとして成長したり、研究を行ったりできるようにします。

詳しくは、下記までお問い合わせください:
BMW グループ
企業と政府間関係(Corporate and Intergovernmental Affairs)
Thomas Girst博士
カルチュラル・エンゲイジメント責任者
電話: +49-89-382-24753

BMW AG
80788 München
電話: +49-89-382-20067
ウェブサイト: (リンク »)


ソース: BMW グループ


(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]